上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予定利率とは、保険会社が契約者に約束した、保険料の「割引率」です。

予定利率は、その適用を受ける"元金"部分が銀行預金とは異なります。
銀行預金の場合は、預金額全額に対してその利率が適用されます。一方、生命保険商品の「予定利率」は、私たちが払い込む保険料(掛け金)から生保経費等を差し引いた残額に対してその利率が適用されます。

スポンサーサイト
標準利率とは、保険会社が将来の保険金支払いのために備える責任準備金を積み立てる際に使う利率として義務付けられているもの。

標準利率が下がると、保険会社は責任準備金積み増しの原資を確保するため、保険料の値上げを検討することになります。

「責任準備金」とは、生命保険会社が将来の保険金・年金・給付金等の支払に備え、保険料や運用収益などを財源として積み立てている準備金のことで、保険業法により積み立てが義務づけてられています。

 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。