上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下の記事は、H25年(2013年)5月18日(土曜日)、朝日新聞「be」9面、「お金のミカタ」というコラムに掲載された記事。この記事を書いたのは、フリージャーナリストの早川幸子さん。

・国の医療保険制度が変化している中で、終身型の医療保険で「一生の安心」を得ることには疑問符が付く。
民間の医療保険は、あくまで医療費を賄う手段の一つ。貯蓄できるまでのつなぎとして期間限定で利用するなど、依存しすぎないことが重要高齢で病気になって頼りになるのは、なんにでも使える預貯金。


スポンサーサイト
 生命保険会社が公開している医療保険に関するデータから、「原価率」などを調べ、それらから医療保険で得られる「安心」の実態をみてみます。

ある保険営業員のブログに、「医療保険は不要という一部のファイナンシャルプランナーや保険営業マンの意見を耳にするが、はたしてそうか?」という内容の記事がありました。

病気で入院したときに、貯蓄を取り崩すのはもったいない。医療保険から給付金をもらえるとオトク。
だから、あらかじめ医療保険に加入しておいて対処する。
がん・脳卒中・急性心筋梗塞になったら、給付金がでるという宣伝文句の「三大疾病特約」。

では、これらの病気になった人は皆、この特約から給付金が出るのか・・・・・?
答えは"NO"。実際はそんなに甘くないようです。
「三大疾病特約」に定められている給付要件とは・・・・・

最近、「先進医療」治療費を一定額まで保障する特約を付けた医療保険が流行りのようです。

この流行りのキッカケは、ガン治療に関する「先進医療」の一つである「粒子線治療」に300万円程が自己負担になることによるようです。
この治療費を引き合いに出し、「先進医療だとこんなにお金が掛かるのですよ」と言って、この特約を付けてもらいたいのでしょう。

先進医療:先進医療(せんしんいりょう)とは日本の医療制度における用語で、大学病院などで実施される先端医療のうち厚生労働大臣の承認を受けたものを指す。(Wikipedia (ウィキペディア) より)

○ケガや病気になったときの社会保障制度についてみてみます。
 (詳細は「社会保障制度のチカラ」http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-274.htmlをご覧ください。)

・高額療養費制度により、入院しても月額10万円程度の自己負担額で済む。
 
前回に引き続き、医療保険加入のポイントについて、各ポイントごとに考え方の一例を書いてみます。

医療保険に加入する際に押さえておく主なポイント、
1.医療保険の保障期間は、一定期間か、終身か。
2.終身保障の医療保険であれば、払い込み期間は、一定期間か、終身か。
3.1入院で何日まで給付金が出るか(60日、120日、180日、360日)
4.入院1日当たり給付金はいくらか。
のうち、今回は、
4.入院1日当たり給付金はいくらか。

前回に引き続き、医療保険加入のポイントについて、各ポイントごとに考え方の一例を書いてみます。

医療保険に加入する際に押さえておく主なポイント、
1.医療保険の保障期間は、一定期間か、終身か。
2.終身保障の医療保険であれば、払い込み期間は、一定期間か、終身か。
3.1入院で何日まで給付金が出るか(60日、120日、180日、360日)
4.入院1日当たり給付金はいくらか。
のうち、今回は、
3.1入院で何日まで給付金が出るか(60日、120日、180日、360日)

前回に引き続き、医療保険加入のポイントについて、各ポイントごとに考え方の一例を書いてみます。

医療保険に加入する際に押さえておく主なポイント、
1.医療保険の保障期間は、一定期間か、終身か。
2.終身保障の医療保険であれば、払い込み期間は、一定期間か、終身か。
3.1入院で何日まで給付金が出るか(60日、120日、180日、360日)
4.入院1日当たり給付金はいくらか。
のうち、今回は
2.終身保障の医療保険であれば、払い込み期間は、一定期間か、終身払いか

「医療保険加入のポイント」で、
医療保険に加入する際に押さえておく主なポイントとして、

1.医療保険の保障期間は、一定期間か、終身か。
2.終身保障の医療保険であれば、払い込み期間は、一定期間か、終身か。
3.1入院で何日まで給付金が出るか(60日、120日、180日、360日)
4. 入院1日当たり給付金はいくらか。
を挙げました。

昔は、入院「5日目から」や、「7日目から」お金(入院給付金)が出るという保険が主流でした。
今発売されている医療保険の主流は、入院1日目からお金が出ます、という保険が主流のようです。

日帰り入院したからといって、1日分の入院給付金(例えば、5千円)をもらうために、場合によっては診断書作成料5千円を払って、給付金請求をしますか?

平成19年4月23日~28日まで6回にわたって、朝日新聞に「医療保険のジョーシキ」という記事が連載されていました。

++++++++++++++++++++
23日:①-「胃癌」か「胃潰瘍」か、診断書次第で給付金に差-
 客と保険会社の「常識」の間にはギャップがあり、給付判断をめぐるトラブルを生んでいる

DIY(Do It Yourself)で組み立てられる医療保険。
こんな保険商品が発売されたら良いのにと考えています。
この新コンセプトの医療保険を、心ある保険会社に開発をおススメしたいと思います。

生命保険の営業員が医療保険商品を勧める時には、

入院という事態に対応するために、
自分が取り扱っている保険商品の中で、
生命保険という手段だけを使う

ということを前提に保険商品を提案しているということを心に留めておいてください。
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。