スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

払込み保険料全額が戻ってくる医療保険

<<質問・原題:アリコのリターンズについて>>
            質問日:2007/07/07

払い込み保険料の相当額が戻るとのCMですが、HPを見ても
今ひとつ合点がいきません。
 投下費用との兼ね合いも鑑み、加入に値する保険なのでしょうか。
(「教えて!goo保険」より)

<<回答>>  2007/07/08
(ハンドルネーム ucosmos で回答しています。)

アリコ「リターンズ」という商品は、
リターンボーナスが出るまで、契約が継続しなければ(途中解約や死亡があれば)、元は取れない仕組みのようです。

元を取るのも運任せな保険に、余分なお金を長期間払い続けなければならないようです。

私は、「保険というのは保障性」が基本だと思っています。
お金が戻ってくるからおトク、健康ボーナスがあるからおトク、と考えがちですが、その元手は結局 加入者が払っているだけなのです。
 
平成19年5月6日、朝日新聞朝刊に「保険不払い どう考える」というテーマで3人の識者に話を聞いた記事が掲載されていました。
 
この中で、田村 祐一郎さん(流通科学大学教授)は、次のように言っています。

・保険の目的はいざというときの保障を買うもので、商品の基本は「掛け捨て」。
・だが、日本人は「何も起きなかったら掛け捨ては損」との意識が強く、保険を「貯蓄の一種」に変質させてきた。
・このことは、リスクに応じて保険を上手に使いこなす能力を身につけることを阻んでしまった。

+++   +++
*この記事は、「教えて!goo保険」で私が回答した記事を転記しています。
+++   +++

☆当ブログ 関連記事☆
「「保険料が全額戻ってくる」終身医療保険」
「重要な情報は小さな字」
「医療保険は積立てボーナスがあるとお得?」
「わからないものにお金を払ってはいけない」
+++   +++


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・医療保険         目次
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・保険商品         目次
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

こんばんは。
>・保険の目的はいざというときの保障を買うもので、商品の基本は「掛け捨て」。
・だが、日本人は「何も起きなかったら掛け捨ては損」との意識が強く、保険を「貯蓄の一種」に変質させてきた。
・このことは、リスクに応じて保険を上手に使いこなす能力を身につけることを阻んでしまった。
>>とありますが、いくらなんでも一方的すぎる意見だと思います。
おそらくは戦後からしばらくの間、保険業界の主力商品が養老保険であったことからそのような発言をされたのでしょう。
しかしそれは、政府が行った国民に対する長期貯蓄の奨励が大きな要因です。
また、高度経済成長やオイルショックによる狂乱物価で満期保険金の実質目減りが問題化した1970年代後半には、個人向け定期保険を要望する声が消費者、特に住宅を購入した、結婚したなど死亡保障に必要性が高まった若年者層から上がりました。
そのような背景に触れず、国民が掛け捨て(定期保険)を嫌ったというのはいかがなものかと思います。

現役保険営業マン 様

コメントありがとうございます。

歴史的な背景は知りませんでした。ご指摘ありがとうございます。

しかし、
・加入者に、"掛け捨て"でないほうが「おトク」という意識があること。
・保険の基本は"掛け捨て"であること。
・保険によって、リスクを引き受けてもらっているのであれば、当然「引き受け料」(=「保険料」)は支払う必要がある経費であること。
・リスクに応じて保険を上手に使いこなす能力を身につけることは必要であること。

以上のことは言えると思いますが如何ですか?

「健康ボーナスがあります。掛け捨てではありません。」というような保険は、日本人の『「何も起きなかったら掛け捨ては損」との意識』を利用しようとしている商品と言う気がしますが如何でしょうか?

おはようございます。
>・加入者に、"掛け捨て"でないほうが「おトク」という意識があること。
・保険の基本は"掛け捨て"であること。
・保険によって、リスクを引き受けてもらっているのであれば、当然「引き受け料」(=「保険料」)は支払う必要がある経費であること。
・リスクに応じて保険を上手に使いこなす能力を身につけることは必要であること。
>>…はい、確かにおっしゃることは重要なことであると思います。
ただ、保険は「掛け捨て」が基本というのはいささか乱暴ではないかと存じます。個人年金保険等のいわゆる生存保障保険を必要と考えている方もいますので、保険は「保障」が基本、とする方が良いかと存じます。
>「健康ボーナスがあります。掛け捨てではありません。」というような保険は、日本人の『「何も起きなかったら掛け捨ては損」との意識』を利用しようとしている商品と言う気がしますが如何でしょうか?
>>当然それはありますね。無いといったら詐欺です。ただし、日本人云々というのは少々大げさな表現ではないかと存じます。

現役保険営業マン 様

再度のコメントありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。