FC2ブログ

現在保険未加入、どの保険提案が良いか?プルデンシャル?ソニー?(32歳・既婚男性)

<<質問・原題:どちらの提案を受けるべきでしょうか?>>
            質問日:2007/05/16

・・・未だに入っていない保険を真剣に考え始め、保険会社2社から提案を受けましたが、それぞれ違う提案を受け、どうすべきかわからず悩んでいます。・・・漠然と保険料が高く感じられるのですが。。

家族構成は、私は32歳、妻34歳、1歳の子供がおり、
年収は650万くらいです。家は購入済み、ローンを支払っています。

1つ目は、プルデンシャル生命で合計の1ヶ月当たり
保険料が38,398円
・終身型変額保険 払込期間65歳 保険額1,000万円 
保険料17,150円
・家族収入特約 保障期間65歳 払込期間65歳 
保険額月額23万円 保険料10,948円
・災害死亡給付特約 保障期間80歳 払込期間65歳 保険 2,000万円 保険料1,020円
・傷害特約 保障期間80歳 払込期間65歳 保険額1,000万円 保険料720円
無解約返戻金型入院総合保障特約 80歳 払込期間65歳 
日額1万 5360円
無解約返戻金型がん入院特約 終身 65歳 日額3万 
2,820円

2つ目は、40社近くを扱っている総合保険代理店からのもので、
・ソニー生命 積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 
保険金1,500万円保険料30,060円もしくは、
・あいおい生命 積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 
保険金1,500万円保険料27,705円
この終身保険に、医療保険は特約で入るメリットは特に無いので、好きな会社の保険に別々に入ったらどうかと言われました。
(「教えて!goo保険」より)

<<回答>>  2007/05/20
 (ハンドルネーム ucosmos で回答しています。)

プルデンシャル生命(以下「P社」)、総合保険代理店(以下「S店」)とも、提案内容から受けた印象を申し上げますと、相談者さんの年収から、「これくらいまでなら毎月支払える保険料だ」という範囲で保険を設計されたように思います。

P社については、ライフプランニングをされた結果、今回の保障内容になったと言うことですが、
相談者さんは、
(1)持ち家があること、
(2)サラリーマンであれば、相談者さんに万一のことがあったときには、厚生年金から遺族年金として、子供さんが18歳になるまで毎月10万円程度は支給されること、
これらを考慮すれば、提案された保障額は大きいように思います。

S店についても、なぜ、終身保険を1500万円もの保障額にする必要があるのかを担当者に聞いていますか?

また、生命保険は、「ひとつの目的にひとつの保険」が良いと思います。
P社の提案のように、ひとつの保険に、死亡保障と医療保障が混在しますと、
例えば、将来なんらかの理由で、4万円弱の保険料は払えないので一部解約したいが、医療保障だけは継続したい、と思っても「特約」である医療保障だけを残すことはできません。

生命保険は、保険料の生涯支払額が1千万円を超えるような商品です。
何のために保険に加入するのか、
いつまで、いくらの保障額が必要なのか、
を良くお考えになった上で、保険に加入されることをお勧めします。
保険営業員の言いなりで保険に加入しても、相談者さんにとって良いことはない、ということは保障します。

保険を考えるご参考として、
「かづな先生の保険スクール」( http://www.fp-kazuna.com/insu/index.html )と、
「知るぽると-わが家の味方「生命保険」」( http://www.shiruporuto.jp/life/hoken/seiho/index.html )

相談者さんのお役にたてれば幸いです。

+++   +++
*この記事は、「教えて!goo保険」で私が回答した記事を転記しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・変更を加えた箇所があります。
+++   +++

☆当ブログ 関連記事☆
「生命保険は、シンプル イズ ベスト」
「保険加入の心得10か条」
「保険加入の心得10か条②」
「保険加入の心得10か条③」
「保険営業員を使い切る(1) -良い営業員、悪い営業員-」
+++   +++


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・必要保障額の考え方 目次
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・保険募集人       目次
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

ニード喚起がまるでできいない

こんばんは。
私は、どうもプルデンシャル・乗合代理店双方の担当者が、相談者自身が気づいていない本当のニード(潜在ニード)を相談者と顕在化させ、見極めることをしないまま、商品提案を行っていると感じます。
商品ありきでは、相談者の方が悩むのは当たり前かと思います。

はじめまして。
私は「「ノート術・学習法+健康法・思考法のホッカ」のホッカリーモ」という学習法や思考法、健康関連・子供教育の情報に関してのブログを運営しているホッカリーモというものです。読者様の生活に少しでも役立てるような情報発信を心がけて頑張っています。どうぞ宜しくお願いいたします。良かったらお気軽にコメントしに来てください。これからもがんばってください。
応援しています。
では。

現役保険営業マン 様

コメントありがとうございます。
確かにおっしゃるとおり顧客の希望が軽視されているようですね。

ホッカリーモ 様

応援いただきありがとうございます。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気