スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(5)

【必要保障額 計算 (コンサルティング) 編4】

前回に引き続き、必要死亡保障額について。

将来を心配をするあまり、保険料によって現在の生活が大きく圧迫されるようでは、もともこもありません。
そうならないために、必要な死亡保障額は確保しつつ、なるべく安い保険料になるよう考えてみたいと思います。
前回登場した、
賃貸住宅に住む自営業を営んでいる、一家の大黒柱であるGさんの30年間の必要死亡保障額は、7200万円でした。
〔保険で備えるお金〕7200万円=〔被保険者死亡後にかかるお金〕8800万円-〔準備できるお金〕1600万円
そして、この保障額を30年間ずっと同じままにし続けると、月額保険料はおそらく月額5万円は超えると思われます。

G男さん一家は、
夫G男 40歳、妻H子 35歳、 第1子 10歳、 第2子 7歳、という家族構成。

G男さんの保険で、〔被保険者死亡後にかかるお金〕の内訳は、
○妻が65歳までの生活費:170万円×30年 =5100万円
○子が22歳までの教育費:700万円+800万円=1500万円
○住宅購入費:                    2000万円
○死亡整理資金 :                  200万円
でした。

このような経費が必要なG男さん家にとって過不足のない必要保障額を確保する保険に近づけるための加入例を示してみます。

【遺族の生活費に対する保障】
前回の例では、妻H子さんは、自分が老齢年金を受け取るようになる65歳までの30年間を、ずっと専業主婦として過ごす想定で必要保障額を算定しました。しかし、夫G男さんが生きていても、教育費が掛かるようになれば、妻H子さんは、パートに出たりすることでしょう。
そこで、第1子と第2子の二人共が大学進学時以降は、必要に応じてH子さんがパートに出て生活費の不足分を補填することも前提で考えてみます。

必要死亡保障額は、年々減少していきます。1年経る毎に、生命保険で備えることとしている教育費や生活費が減少していくからです。
合理的な生命保険に加入するには、このように年々減少していく必要死亡保障額に合わせた保障額となるような保険に加入することが有効です。

これに適合する保険として「収入保障保険」があります。
この保険は、毎月ご主人から受け取る「月給」のような感覚で毎月保険金を受け取ることができる保険です。

「goo保険 -生命保険の必要保障額-」によると、子供が独立した後の生活費は、現在の生活費の5割程度ということです。
G男さん一家の現在の生活費は月20万円ですから、その半額は月額10万円。
年額にして120万円が、妻H子さんが老齢年金を受け取る30年後まで、必要な基礎的な生活費です。

第2子が高校卒業までは国民年金から100~120万円の遺族年金が支給されますので、生命保険で年額120万円の保険金を確保すれば、年間生活費170万円以上は確保されることになります。

このような考えで、月額10万円の保険金をH子さんが65歳まで保障(契約期間:30年)される「収入保障保険」に加入すれば、
加入時 総額保険金額 3600万円、 月額保険料は、推定で7000円程度です。

【遺族の教育費に対する保障】
第1子に掛かる想定教育費は、現時点から大学卒業までの12年間で、700万円。
第2子に掛かる想定教育費は、現時点から大学卒業までの15年間で、800万円。
なお、上記を合計すると1500万円ですが、G男さんには、貯蓄が300万円ありますので、これを教育費の一部に充てるものとすれば、必要保障額は1200万円となります。
現時点では、教育費に対する必要保障額は第1子・第2子合計で1200万円ですが、その後徐々に減っていき、10年後になると、合計でおよそ500万円になります。(15年後は0万円)

なるべく過不足のない保障額とするため、
今後10年間の保障額を、第1子・第2子合計で、1200万円とし、
その後の5年間の保障額を500万円するような保険加入を、O社の定期保険を使って考えます。

<加入保険1> 保険金額500万円、 保険期間15年 → 月額保険料 約1900円
<加入保険2> 保険金額700万円、 保険期間10年 → 月額保険料 約2200円
 合 計    保険金額1200万円           → 月額保険料 約4100円

また、奨学金制度を利用すれば、生命保険で用意する教育費に対する保障額も、さらに少なくできる可能性があります。

【住宅購入資金・死亡整理資金に対する保障】
住宅購入費と死亡整理資金の合計額は2200万円です。

仮に、これらに対する保障をG男さんが70歳まで30年間、保険で用意したとしても、71歳時に死亡すれば、H子さんの住宅費に対する保障は全くないことになってしまいます。

そうであれば、例えば、G男さんが60歳までの20年以内に住宅を購入し、かつ、死亡整理資金を貯蓄で確保するという目標を立てれば、
これらに対する必要保障額を確保する期間は、20年間で済むことになり、かつ、それ以降の住居に対する心配も不要となります。

これに沿った保険加入を、O社の定期保険を使って考えます。

<加入保険> 保険金額2200万円、 保険期間20年 → 月額保険料 約11900円

【まとめ】

夫G男さんに万一の事があったとき、妻H子さんが65歳になるまでに必要な必要死亡保障額を確保するための保険として、
30年間一定額の保障額となる保険 (保険金額 7200万円)に加入すると、月額保険料は約50000円超
過不足の少ない保障額となる保険 (契約時保険金額 7000万円)に加入すると月額保険料は約23000円です。

つまり、その時々に合わせた過不足の少ない必要死亡保障額にすれば、およそ半額以下の保険料負担で済むのです。

*************************
応援クリックお願いします。→ 保険ブログランキング

*************************

☆関連記事☆
「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(1)」
「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(2)」
「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(3)」
「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(4)」
「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(5)」
「打たれ強い生涯設計に向けて」
「生命保険の必要保障額 - 死亡保障額 - の算定例(1)」
「生命保険の必要保障額 - 死亡保障額 - の算定例(2)」
「保険見直し参考サイト」


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・必要保障額の考え方 目次
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 記事の質問させて下さい

質問者様

当ブログを見ていただき、またコメントをいただきありがとうございます。
わかりづらい記述で申し訳有りません。回答が遅くなり申し訳有りませんでした。

G夫さん家では、10歳と7歳のお子さんがいます。G夫さん家では、手取り月収20万円。
お子さんが2人とも高校卒業するまでの期間の生活費の必要保障額を、20万円×0.7=14万円/月=168万円/年、
奥さん一人の生活費の必要保障額は、20万円×0.5=10万円/月=120万円/年としました。
保障期間は、G夫さんの奥様(35歳)が老齢年金を受け取る65歳までの保障としました。
お子さんが高校卒業するまでは、国民年金から100~120万円/年が支給されますので、生命保険での保障額が120万円あれば、合計で168万円以上となります。
第1子と第2子の二人共が大学進学時から卒業時までは、必要に応じてH子さんがパートに出て生活費の不足分を補填する前提で考えてみています。


> 記事の一部、わからない部分があり、質問させて下さい。
> 「goo保険 -生命保険の必要保障額-」によると、子供が独立した後の生活費は、現在の生活費の5割程度ということです。
> G男さん一家の現在の生活費は月20万円ですから、その半額は月額10万円。
> 年額にして120万円が、妻H子さんが老齢年金を受け取る30年後まで、必要な基礎的な生活費です。
>
> 第2子が高校卒業までは国民年金から100~120万円の遺族年金が支給されますので、生命保険で年額120万円の保険金を確保すれば、年間生活費170万円以上は確保されることになります。」
> とありますが、
> 子供が独立した後の生活費は、現在の生活費の5割程度というのは、今現在はまだ独立していないので、30年ではなく大学卒業からの年数になり、大学卒業までは170万年間生活費で必要かと思いましたが、解釈がまちがっていますでしょうか?


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。