スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デメリットを聞く癖つけて-保険の転換契約-

「今の保険より保障が充実します」というセールストークで「転換契約」を勧められることがあるようです。

平成19年12月1日、朝日新聞、be on Saturday Business、4面に、FP 八ツ井 慶子氏が書いた「解消!家計ストレス」のコーナーで、『保険の転換契約-デメリット聞く癖つけて』の記事がありました。

以下その記事を転載します。

転換とは、加入している生命保険を解約せずに下取りをして、同じ会社で新規に加入しなおすことです。「今の保険より保障が充実します」と勧められるようです。

Aさんも保険会社から転換を勧められています。現在加入しているのは15年前に契約した一般的な定期保険特約付き終身保険。予定利率が5.5%と高く、終身保険部分がいわゆる「お宝保険」です。提案どおりに転換するとせっかくの「お宝」が低い予定利率の保険に変わってしまいます。
予定利率が低いと、終身保険のように貯蓄性のある保険は割高になります。そのせいか、勧められている内容は貯蓄性が低く、掛け捨ての保障が中心のプランになっています。

掛け捨てが悪いわけではありません。ただ、Aさんが高い予定利率の保険がなくなることを理解したうえで転換プランに納得しているどうかが問題です。
Aさんは提案の時、このデメリットの説明を受けていませんでした。

どのような見直しプランでもメリット・デメリットが存在します。メリットだけでなく、デメリットも必ず聞く癖をつけてください。

また、転換はあくまで同じ会社内での見直し方法のひとつ。見直すならば、他社とも比較しましょう。複数社の見積もりをとり、納得の上で選択しましょう

----------------以上、転載 終了--------

「今の保険より保障が充実します」という保険営業員の転換契約への誘い文句。
そもそも、充実した保障を必要としているか良く考えて見ましょう。
「今の保険を下取りして新しい保険に加入すると、保険料も今よりお安くなりますよ」などというセールストークもありますが、
一生涯で支払う保険料を比べたら、どちらが安いかも聞いてみましょう。

☆関連記事☆
「お宝」の解約はもったいない


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・保険募集人       目次
 ・保険商品         目次
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

基礎的な知識を…

こんにちは。ご無沙汰しております。
転換のデメリットを確認することも大事ですが、特約の中途付加、保障の追加(不足している保障分だけを単体の保険に新規加入)という手法があるなど、基礎的な知識を身につけることも重要だと思います。

Re:基礎的な知識を…

現役保険営業マン さん

久々のコメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、保険の見直しの手法は転換だけではなく、他の方法があることを知ることも大事ですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。