FC2ブログ

生命保険の相談、どこですれば良い?(40歳、既婚男性)

<<質問・原題:生命保険について相談したい>>
            質問日:2007/11/14

共働き夫婦ともに40歳です。私は夫です。
できれば専門の人に診断してもらえればと思うのですが、どこで相談にのってもらえばいいのでしょうか?また費用はどのくらいかかるのでしょうか?

20代のころにそれぞれ生命保険に加入しており、あと1,2年すると更新のため月々の保険料が跳ね上がります。
いままでは1万2000円くらいだったのが、3万円近くになります。
私も妻も2000万円くらいの保険に入っているのですが、子供はいません。ただ、持ち家がないので、今後のことを考えるとこの保険料は妥当かどうかわかりません。

<<回答 >>  2007/11/18
 (ハンドルネーム ucosmos で回答しています。)

保険相談をしている人は、無料で行っている人、有料で行っている人がいます。

全くの私見ですが、信頼できる可能性が高いのは、有料で行っている人あるいは、保険会社と利害関係がない人たちだと考えています。

無料で保険相談を行っている人は、たとえ「FP」などというもっともらしい資格を持っていようと、多くの場合、保険を販売している人たちです。
当然この人たちの最終目的は、自分の取り扱っている保険に加入してもらうことです。自分の取り扱っている保険に加入してもらえば、保険会社から販売手数料がもらえるので、相談自体をタダにできるのです。
しかし、保険販売員である限りは、他社の商品でどんなに相談者さんにピッタリの保険があろうと紹介してもらえません。また、時には相談者さんの必要性には関係なく、自分にたくさんの販売手数料が入る保険を勧められる可能性さえあります。

一方、有料で保険相談をしている人たちは、保険販売手数料を受け取ることを主目的としていない人たちと考えられます。

以下に、参考までに、一例として、有料で(?)保険セミナーを開催している人、保険相談を有料で行っている方々をご紹介します。
(残念ながら、私は以下の方々とお会いしたことはありません。もちろん、以下の方々の会社関係者でもありません。ですから、相談者さんにご紹介しても、私自身は一文の得にもなりません。
ではなぜご紹介するのか。それは、私が、以下の方々のHPや本を読んで、消費者の立場で発言をしていると考えている方々。それだけです。(「かづな先生の保険スクール」HP記事は、私がこのコーナーに回答するときに、時々、一部を引用したりさせていただいています。)
相談者さんが、以下の方々のHPや本をご覧になって、ご相談されるかどうかご検討ください。)

○保険セミナー開催→ 「かづな先生の保険セミナー」

○保険相談→ 「生活設計塾クルー」
(この会社のメンバーである、内藤真弓さんという方は、「医療保険は入ってはいけない」という本を書いています。
また、日本経済新聞-電子版で医療保険について書いています。
http://ps.nikkei.co.jp/healthins/point/index.html

○保険相談→ 「FP救急隊」
主宰する 五十田 三洞氏のブログ「生命保険の見直しをしたい人のために」 (最近のブログ記事は保険と関係とない記事が多いですが、ブログ画面右側にある「カテゴリ」欄から保険関係記事をご覧ください。)

また、過去に私が、「教えて!goo生命保険」で同様の質問に回答(2007/09/09「保険の見直し無料相談、なぜ無料?」)していますので、こちらもご参考になさっていただけると幸いです。


+++   +++
*この記事は、「教えて!goo保険」で私が回答した記事を転載しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・変更を加えた箇所があります。
H23年12月、記事本文を一部修正。
+++   +++

☆当ブログ 関連記事☆ (H24.04加筆)
「生命保険の"無料"相談はおトク?」
「「保険代理店の「無料相談」は、「無料商談」」」
「自分に合う保険を教えてもらえるお店はあるか」
「保険営業員を使い切る(1) -良い営業員、悪い営業員-」
「保険営業員を使い切る(2) -私の嫌いな営業員-」
「保険の無料相談に相談して大丈夫?(31歳・主婦)」
+++   +++


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・保険募集人       目次
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気