スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3大疾病保障は必要ですか?

<<質問・原題:「3大疾病などは必要ですか?」>>
            質問日:2008/07/31

生命保険の見直しをしています。30歳男性です。
終身保険 、収入保障保険、ガン保険、医療保険、にしようかなと思うのですが、迷っているのが医療保険の部分です。
日額5,000円にしようと思っているのですが、もし心筋梗塞などになった場合は、カバーできませんよね?
ガンの部分は分厚くしたほうがいいとよく目にしますが心筋梗塞などはどうなのか分からず、是非アドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

<<回答 >>  2008/08/04
 (ハンドルネーム ucosmos で回答しています。)

>医療保険の部分で、日額5,000円にしようと思っているのですが、
>もし心筋梗塞などになった場合は、カバーできませんよね?

わざわざ申し上げるまでもないかもしれませんが、医療保険に加入していれば、治療のための入院であれば、骨折だろうが心筋梗塞だろうが入院日数に応じて給付金が支給されます。入院日数に応じてカバーされます。

三大疾病保険に加入すれば、三大疾病に罹った場合にどんなに軽度であろうと保険金が出るわけではありません。
保険会社が定める「所定の状態」になる必要があります。

どのような状態になったら保険金が給付されるか、よく営業員に確認してください。
この三大疾病保険の給付状況については、
「実際に生前給付を受けるための条件は大変厳しく非常に重度の状態に限られ、一度にまとまった入院給付金を受け取って治療費に充てるというより、死亡保険金を前倒しで受け取るというイメージの方が近いようです。 (保険クリニック- 三大疾病保険・特定疾病保険)」
というような意見、
「ひとつの勘違いは、3つの病気になったらすぐに受け取れると思っている人が多いことです。残念ながら、・・・すぐに保険金が受け取れるものではないのです。」(保険選びネット-三大疾病保障保険ってつけたほうがいい?)、
という意見、さらに、
役に立たない特約-三大疾病特約という意見もあることをご考慮ください。

そもそも三大疾病に罹ったら、保険金に頼らなければならないほどお金がかかるのでしょうか??
仮にお金がかかるとした場合でも、今30歳でいらっしゃる相談者さんが、三大疾病保険でもらえる、50万円や500万円くらいで一生涯の安心が得られる位であれば、年間にしたら、そもそも大したお金は掛からない、ということではないでしょうか。
仮に500万円もらって80歳まで(50年間)の安心が得られるとしたら、年間10万円あれば安心が得られてしまうということです。
もちろん、無いよりあったほうが良いに決まっていますが、たったそれだけの安心を得るために、一体いくら余分に保険料を払うことになるのでしょう。

所定の障害状態になった場合には、一生涯を通じてみれば、国からその額以上の障害者年金が支給されると思いますよ。

社会保障制度についてみてみましょう。
(社会保障制度の詳細は「社会保障制度のチカラ(http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-274.html

・高額療養費制度により、入院しても月額10万円程度の自己負担額で済む。
・特定の難病にかかった場合には、自己負担額はさらに少額。
・会社員であれば、病気などにより働けない状態となっても、最大1年半、給与のおおよそ6割が傷病手当金として支給される。
・傷病などにより心身に一定の障害が残った場合、その程度により、障害者年金が給付される。

このような社会保障制度が整備されています。

根拠に乏しい無用な不安を煽られて下手な保険に加入なさいませんよう。

もちろん、相談者さんが三大疾病保険の給付条件を十分確認され、
給付条件、払い込む保険料総額、所定の状態になったときにもらえる保険金額、
これらのバランスを踏まえたうえで、三大疾病保険に加入されるというご判断をされたのであれば、私がとやかくいう話ではありません。

ただ、
「保険はシンプル イズ ベスト」と考えている者として、
「民間生保なんてどうせたいしたことをしてくれるわけではないのだから、民間生命保険で全てをカバーしようなんて思ってはいけない」と考えている者として、
老婆心ながら、二言三言申し上げさせていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/user.php3?u=774663

+++   +++
*この記事は、「教えて!goo保険」で私が回答した記事を転載しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・加筆・変更を加えた箇所があります。
+++   +++

(H24.10.13 一部加除修正)

☆当ブログ 関連記事☆
「支払条件の厳しい"三大疾病特約"」

「医療保険はどれほど必要なのか?(2)-社会保障制度を踏まえて-」
「入院費の支払に貯蓄を取り崩すのは損?」

「「先進医療」について」
「医療保険に「先進医療」特約は必要か?」


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・医療保険         目次
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。