スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (3)

今回は、死亡保険金を一括で受取る場合と、分割で(例えば、収入保障保険で、年金形式で)受取る場合とで、課税される税金の違いについて考えてみます。
まず、死亡保険金を受取った場合、一括で受取っても、分割で受取っても、どちらでも、それに掛かる税金として、「相続税」があります。
保険契約者と被保険者が同一で、受取人が妻(夫)や子の場合には、相続税の課税対象となります。
(「保険契約者」、「被保険者」、「受取人」については、「かづな先生の保険ゼミ」-「生命保険の基本用語」を参照)

相続税は、基礎控除(5000万円+法定相続人×1000万)以内なら相続税は課税されません。(配偶者に対しては、さらなる相続税額の軽減措置があります。)

また、生命保険の保険金の場合、受取金額が非課税限度(500万円×法定相続人の数)を超える場合に、その超過額が他の財産と合算されて基礎控除額以内なら相続税は課税されません。

相続税が課税されるかどうかは、もちろん人それぞれですが、相続税が掛からない人が結構多いのではないでしょうか。

この他、「収入保障保険」で保険金を分割で(年金形式で)受取る場合には、相続税に加えて、「雑所得」として「所得税の課税対象にもなります。(*1)

雑所得額の計算は、次のように計算されるようです。
 雑所得 = 年金額 - 必要経費
  ・必要経費=年金額×(支払保険料総額÷年金支払総額)

例えば、月額9万円給付の収入保障保険(満期60歳)に30歳時に加入し、月額支払保険料2900円、10年後に死亡したという場合では、

 必要経費=108万円×(35万÷2160万円)
     ≒17,400円
 雑所得=108万円-17,400円
    =1,062,600円

この雑所得額に税率(例えば、10%)が掛けられて、所得税がかかるということになるのですが、・・・。

まず、公的年金である遺族年金は、所得税・地方税とも非課税です。(こちら, こちら参照)

また、それ以外の収入があっても、夫の死後、妻が一人の場合ですと、所得税では、
基礎控除 38万円、寡婦控除27万円、があり、これに加え、16歳以上23歳未満の子を扶養している場合は、一人につき63万円(中学生以下の子を扶養している場合は一人につき38万円)の控除があります。

したがって、高校生・大学生の子を2人扶養している妻の場合、遺族年金以外の収入が収入保障保険の保険金だけであれば、収入保障保険の年間保険金受取額が、191万円(38+27+63+63 万円)を超えなければ所得税は全く掛からない計算になります。
地方税についても、控除額は多少違いますが、同種の所得控除があります。

また、妻がパート収入もある場合で、上記と同じ扶養等の状況であれば、収入保障保険の年間保険金との合算で256万円(191万円+給与所得控除65万円)までは、所得税は全く掛からない計算です。
この場合ですと、遺族年金も加えれば、年間収入400万円くらいまで、所得税が全く掛からないことになります。

保険の営業員によっては、所得税(雑所得)課税を理由に、死亡保険金は分割で受け取らず一括受取りの方が良いとか、収入保障保険に加入する場合でも、所得税で差し引かれる分(10%)を見込んで、その分を保障額に上乗せした方が良い、などという人がいるようです。
保険営業員が、このように言うのは、単により高額な支払保険料となる保険に加入させたいという思惑が見え隠れするような気がするのは私だけでしょうか。
これまで見てきたように、条件によって相当程度まで所得税が非課税となるのですから。


次回は、死亡保険金を一括で受取る場合と、分割で(例えば、収入保障保険で、年金形式で)受取る場合とで、経済情勢の変化(インフレ等)に対する対応力の違いがあるかについて考えてみます。

(上記記事本文は、2007年1月時点の税制をもとに記載しています。)

---------------------------

(*1)年金形式で受け取る保険金に対する所得税の課税対象額が2010年から変わりました。遺族の方が年金として受給する生命保険金のうち、相続税の課税対象となった部分については、所得税の課税対象とならないとする最高裁判所の判決がありました(平成22 年7月6日)。
なお、記事本文の記載内容は、2007年当時の課税の考え方を記載しています。
生命保険、年金部分への所得税は「二重課税」
相続又は贈与等に係る生命保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更等の方向性について(H22.10.1、国税庁)

( 「*1」記事は、2010.10.3 加筆)
---------------------------


☆関連記事☆(H22.12加筆)
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (1)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (2)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (3)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (4)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (5)」
「必要保障額に対応した保障を得るために」

「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(5)」
「打たれ強い生涯設計に向けて」
「あなたの愛が届く先 1」
「あなたの愛が届く先 2」
「収入保障保険・保険料比較2009.05.10版」

「年金形式で受け取る保険金に対する所得税が軽減」H22.10~


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・必要保障額の考え方 目次
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。