スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (4)

今回は、死亡保険金を一括で受取る場合と、分割で(例えば、収入保障保険で、年金形式で)受取る場合とで、経済情勢の変化(インフレ等)に対する対応力の違いについて考えてみます。
結論から先に申し上げれば、「違いは無い」と私は考えています。

私たちが生命保険に加入する前に、死亡保障額を見積もる時には、
今現在の生活費が○○円だから、高校・大学では今現在○○円の学費が掛かるから、・・・という金額を積み上げて必要死亡保障額がいくらかをはじき出すでしょう。
加入しようとする保険が、死亡保険金を一括で受け取るものであろうと、収入保障保険であろうと、この方法に違いは無いでしょう。なぜかと言えば、将来インフレになるかデフレになるか分からないので、現在の貨幣価値でしか見積りが不能だからです。
(将来のインフレに備えて、多目の保障額にしておきましょう、などという誘いは要注意ですよ。なぜなら、将来の予測は誰もできないのですから。)

保険契約後、保険金をもらう前にインフレになったら、必要があれば、保障額を見直せば良いことです。
死亡保険金を一括で受取る場合と、分割で受取る場合とでの違いはありません

保険金を受け取った後で(もらい始めてから)、インフレになったら・・・。
受け取った保険金をインフレ後も使っていく予定だったのであれば、死亡保険金を一括で受取った場合と、分割で受取った場合とでの違いはありません

では、実際に経済情勢の変化がおきた時にはどのように対処するか。
○保険金を受け取る前だったら
 ・一生懸命に働いて稼ぎましょう。
 ・稼いだお金を生命保険以外(銀行預金など)に振り向けて、生命保険に頼る割合を低くしていきましょう。
 ・必要があれば、生命保険の必要保障額をその時の情勢に合うように見直しましょう。

○保険金を受け取った(受け取り始めた)後だったら
 ・一生懸命に働いて稼ぎましょう。
 ・そして、保険金に頼る割合を低くしましょう。
 ・社会保障制度による給付条件の変化(遺族年金支給額の変化など)を確認しましょう。
 ・手持ち資金の運用は、その時の情勢に応じた方法にしましょう。
 (資金を長期間 生保会社に滞留させることになる、生命保険を使った資金運用
  が、今後の自分の資金計画に合っているかどうか考えて見ましょう)


次回は、収入保障保険を扱っている各社の商品を眺めてみたいと思います。


☆関連記事☆(H22.12加筆)
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (1)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (2)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (3)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (4)」
「死亡保険金受取りは、一括で?分割で? (5)」
「必要保障額に対応した保障を得るために」

「生命保険の必要保障額-死亡保障額-の考え方(5)」
「打たれ強い生涯設計に向けて」
「あなたの愛が届く先 1」
「あなたの愛が届く先 2」
「収入保障保険・保険料比較2009.05.10版」

「年金形式で受け取る保険金に対する所得税が軽減」H22.10~


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・必要保障額の考え方 目次
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。