FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず保険に加入したい人への保険

保険についてあまり考えたくはない。保険商品はいろいろあってどれが良いのかわからない。
しかし、少しは保険で備えておきたい。
そんな方がとりあえず加入する保険として私が考える保険は・・・・・

それは、県民共済(都道府県民共済)です。

なぜそう考えるか。それは、
①保障内容がシンプルであること。
(基本的に死亡保障と医療保障のみ。)
②保険料が分かりやすい。そして月々の負担が軽い。
からです。

都民共済の例でご紹介します。

総合保障2型(http://www.tomin-kyosai.or.jp/product/life/total/security.html?tabSwitch=anc2

○月額保険料(18歳~65歳) 2,000円
○保障期間 65歳まで、払い込み期間 65歳まで

・病気死亡 60歳まで400万円(60~65歳 230万円)
・ケガ死亡 60歳まで780万円(60~65歳 530万円)
・病気入院 入院1日4500円
・ケガ入院 入院1日5000円

死亡保障と入院保障があって、年間保険料は24000円。
この商品に30歳時に加入して、60歳まで保険料を30年間払っても、総額保険料は72万円です。

終身保険(死亡保障)や終身医療保険(入院保障)が流行っていますが、30歳の人が65歳になる頃(35年後)の世の中がどうなっているかなんて誰もわかりません。
民間生命保険なんて不要な世の中になっているかもしれません。

30歳代の人であれば、はるか遠くの未来(老後)を心配するよりも前に、もっと近くのことでたくさん考えることが多いことでしょう。
安い保険料で浮かせた分で、現在の生活を楽しみ、また、しっかりと貯蓄していきましょう。

最も気をつけなければいけないことは、「保険についてあまり考えたくはない」人が、保険営業員の勧誘に安易に乗ってしまって、良く分からないまま月額保険料が1万円以上もするような、不要保障いっぱいの保険に加入してしまうことです。

保険営業員にとって、保険についてあまり考えたくはない消費者、あるいは、保険について詳しくない消費者は、
格好の"カモ"です。
根拠が希薄なさまざまな不安を煽って、その不安に対処する方法は民間生命保険しかないかのようなトークを繰り広げます。
あるいは、保険で"貯蓄"をしましょう、などというトークを繰り広げます。

そして、月額保険料が少ない場合でも1万円以上、もっと保険料を取れそうな人からは数万円の保険料を払わせるような保険(そして生涯払い込み保険料が1000万円を超えるような保険)に加入させようとします。
(そんな保険を勧める営業員自身は、月額1万円未満の保険料しか払っていなかったりします。きっと。)

民間生命保険の役割は、契約で決められた「お金」を払うことです。
自分の手持ちの「お金」(貯蓄)があればあるほど、生命保険に加入する必要性は低くなります。
また、私たちは、社会保障制度で守られていることも覚えておきましょう。
(社会保障制度の詳細は、「社会保障制度のチカラ」http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-274.htmlをご覧ください。)
自分の貯蓄や社会保障制度で不足すると考える分だけ、民間生命保険に加入すれば良いのです。

・ご主人に万一のことがあっても、遺族年金制度がある
・高額療養費制度により、入院しても月額10万円程度の自己負担額で済む。
・特定の難病にかかった場合には、自己負担額はさらに少額。
・会社員であれば、病気などにより働けない状態となっても、最大1年半、給与のおおよそ6割が傷病手当金として支給される。
・傷病などにより心身に一定の障害が残った場合(介護状態になっても)、その程度により、障害者年金が給付される。

最後に、欧米諸国での死亡保障額データをご紹介します。
保険広場-アメリカの2倍の保険料を払う必要性は?
各国の社会保障制度の状況にもよるのでしょうか、自己責任が強く求められると考えられる米国でさえ、年収の2倍程度の死亡保障額しか設定していないようです。
全てを民間生命保険で賄おうとは考えていないということではないでしょうか。

(H24.10.13 一部加筆修正)


☆当ブログ 関連記事☆
生命保険は「定期保険」だけでよい
保険との安全な関わり方
必要保障額、もう一つの考え方「人生を普通に考えてみる」
保険営業員の狙い

「先進医療」について
3大疾病保障は必要ですか?
民間介護保険の微力(1)
民間介護保険の微力(2)

「社会保障制度のチカラ」
掛け捨てでない保険が良い?(1)
掛け捨てでない保険が良い?(2)
掛け捨てでない保険が良い?(3)

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

私も同感です

たまたま「生命保険」「詐欺」で検索してここにたどり着きました。
私は国内生保、外資系生保を経験し、そして今個人事業で保険コンサルタント兼保険代理店をしています。

全部の記事を読んだわけではありませんが、私が読ませて頂いた記事は殆どが「そうそう!」と大きくうなづく事が多く、素人さんとは思えないと関心いたしました。
というか、素人さんだから書ける素直な感想だと思います。

私は「生命保険被害者にならない会」の代表をしていますが、ネットでこの会を紹介する勇気がありません。
というのは、今まで(6年程前から)に何回か生命保険の被害や裏話(暴露話)などのブログにチャレンジした事がありますが、嫌がらせなどで潰されました。
ですから3年前くらいから書いていた仕事に関するブログは、当たり障りのない内容になっていました。

でも最近、身近で保険トラブルがあってからは、やはり目をつぶっててはいけないと思い、そのトラブルを書きました。
それをスタートにこれからは少しずつ本音を書いて行こうと思います。

秋桜児さん程はっきりとは書けませんし、民間の保険の良さも知っている事から民間の保険を完全否定は出来ません。
しかし、一般の方に「自分でYes Noを選択出来る力を持って頂きたい」と思っておりますので、私なりに頑張って書いていこうと思います。

凹みそうになる事もあると思いますが、秋桜児さんのブログを励みに頑張ります。

それではまた来ますね。

良かったら私のブログも読んで下さい。

Re:私も同感です

りずむ さん

当ブログにご賛同いただき有難うございます。

私がこのブログを書き始めたキッカケは、
過去に、保険営業員に勧められるまま、全く意味の無い転換をしてしまったこと、
こんな私の二の舞にならないように、
ということからでした。
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-96.html

私から見ると、生命保険業界はヘンです。
1000万円もする商品を、ほとんど知識のない素人が売っているのです。
そしてほとんど売りっぱなし。
その苦情が来る頃には、その素人さんは辞めている。
(りずむ さんのブログにも同じようなことが書いてありましたね。(http://blog.livedoor.jp/dold/ )

ブログ・プロフィールに書かれていた、『他人(同業の代理店さんやセールスマンさん)にはボランティアだと馬鹿にされようとも、「自分のポリシーを崩さない事が私の仕事に対するプライドなのよ!」と、毎日頑張っています。』という言葉。
私が保険に加入するとき、りずむ さんに出会っていれば、このブログを書くこともなかったことでしょう。

私はこのブログにより「生命保険業界を正す」というような大それた気持ちはありませんが、このブログを読んでくださった方にとって、少しでも保険選びの"足し"になれば、
という気持ちで書いています。

ところで、このブログでは、比較的率直に自分の思ったこと、感じたことを書いていますが、
世の中には、もっとハッキリと思ったことを書く方もいるようです。
「矢島 遼介のホームページ」
http://www.eonet.ne.jp/~fplanner/
この方、元国内生保の営業員だそうです。

またの当ブログへのご来訪をお待ちしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/8/14コメントを寄せてくださった方 さま

当ブログをご参考にしていただいているとのこと、
有難うございます。

稚拙な文章、稚拙な内容のブログではありますが、またのご来訪をお待ちしております。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。