スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー生命が提案したプランを診断してほしい(36歳、既婚男性)

<<質問・原題:夫の生命保険加入を検討しています>>
            質問日:2008/04/27

生命保険加入を検討しています。
夫 36歳(税込み年収440万)、毎月の生活費は30万。
妻、子供6ヶ月 
妻も現在正社員で働いていますが、来年にでも二人目が欲しく、その時は、退職することになるかも。(その際も扶養の範囲での仕事はするつもり。)

今加入している保険は、都民共済の6型のみ。

都民共済の6型は、割とお得と思っていたので、これはこのまま。
収入保険・保障額15万円ぐらいとオリックスのキュアで60歳払込み入院1万円で月6050円。
葬式代ぐらいは、貯金でまかなえるので、終身保険はいらないかと思っていました。
しかし、ソニー生命では、以下のものをすすめられました。

・家族収入保険(25年×30万)月9090円 (これは、減額してもとの話)
・総合医療保険(60日型)1万 初期入院特約 65歳払込済 月10040円
・貯金のつもりで、積立利率変動型終身保険65歳払込 月21040円

ソニーのプランの内容はどうでしょう?

<<回答 >>  2008/4/28
 (ハンドルネーム ucosmos で回答しています。)

相談者さんへのソニー生命営業員の提案を見て、第一印象は、
払えそうな金額の範囲内で、家族収入保険、終身保険、医療保険を組み合わせて勧めてきた、という印象です。

「ソニー生命HP-オーダーメイド保険とは」で「オーダーメイドの保険を手にする喜び・・・」とか言っていますが、この提案では、喜びを手にするのは、予想どおりの販売手数料を手にする保険営業員だけかもしれません。

相談者さん家の月額生活費が30万円。この金額の10%~15%の範囲内に保険料合計額が収まるよう、3つの商品を組み合わせてきただけ、という印象を受けました。

必要保障額を多めに見積もっていることに目をつぶり、仮に「こどもが成人するまでに1億ぐらい必要」になるとしても、一方で、会社員であれば、厚生年金から遺族年金が4000万円ほどは支給されるのではないでしょうか。
さらに、お子さんがある程度手がはなれるようになってから、奥様が働けば、保険で保障してもらう額はもっと少なくなります。
どのくらいの保障が必要かについては、
〔被保険者死亡後にかかるお金〕-〔準備できるお金〕=〔保険で備えるお金〕
という計算式で、目安金額を計算します。
「goo保険-保険の必要保障額は?」

相談者さんが現在ご加入の保険、及び勧められている保険の保障額を確認してみましょう。

【死亡保障】 計 1億1400万円
都民共済     1400万円(病気死亡)
ソニー生命 家族収入保険 9000万円(30万円×12月×25年(61歳まで))
ソニー生命 終身保険   1000万円(?)

【医療保障】 計 22500円/入院1日
都民共済    入院1日 12500円(入院1回5日目~184日目まで)
ソニー生命   入院1日 10000円(入院1回60日まで)

これらの保障を得るために、払込満了までに支払うことになる保険料総額は、 
・都民共済(60歳まで) 172万8千円
・ソニー生命    1354万3千円
 計 1527万円です。 
家が買えますね。 これほど保険会社につぎ込みますか?

必要な死亡保障額については、先にご紹介しました。
必要な医療保障額については、「日本経済新聞-医療保険-医療保険設計のポイント」を参考にしてみてください。

贅沢な入院ライフを満喫したいのであればともかく、必要な範囲内だけの経費をかけた入院ライフをお望みなら、入院日額2万円も必要ありません。「高額療養費制度」を利用すれば、自己負担額は月10万円程度です。
また、入院に対処する方法は、医療保険が全てではありません。
貯蓄100万円あれば、入院1日5千円の保険で、200日分の保障を持っていることと同じです。

最後に、今度 保険の専門家であろう ソニー生命営業員に会ったら、是非聞いてみてください。
「あなたは、毎月いくら保険料を払っていますか? また、あなたの死亡保障額は1億円ですか? 医療保障額は2万円ですか?」と。

正直に答えてくれる営業員であれば、
「私はあなたと同年代で同じように小さな子供を抱えていますが、私の場合は、せいぜい毎月1万円程度しか保険料は払っていません。死亡保障額だって、子供が成人する頃までの保障で、保障額は2000万円程度です。
終身保険で貯蓄など考えていません。保険はあくまで「保障」が中心ですし。数十年も保険会社に資金が拘束されるなんて、不自由で仕方ないじゃないですか。
医療保険は入院1日5千円程度です。終身保障にもしていません。だって、今から半世紀先のこと考えたってどうなります? 今から50年前の人が、現代を想像できたと思います?」

私の勝手な想像では、こんな答えになると思います。

ご参考にしていただけると幸いです。

+++   +++
*この記事は、「教えて!goo保険」で私が回答した記事を転載しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・変更・追加を加えた箇所があります。
+++   +++

☆関連記事☆
「かづな先生の保険ゼミ -遺族年金-」

「保険加入の心得10か条」
「保険加入の心得10か条②」
「保険加入の心得10か条③」
「必要保障額、もう一つの考え方「人生を普通に考えてみる」
「生命保険は「定期保険」だけでよい」

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。