スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険金と税金

死亡保険金を受取る生命保険では、
・保険料は誰が負担している(支払っている)か
・被保険者は誰か
・保険金を受け取る人は誰か
によって、掛かってくる税金が違ってきます。

保険料     被保険者    死亡保険金  税金の種類
負担者    (亡くなった人)   受取人

  夫        夫        妻       相続税
  夫        夫        子       相続税
  夫        妻        夫       所得税(一時所得)
  夫        妻        子       贈与税

・保険料負担者と亡くなった人が同じであれば「相続税」
・保険料負担者と保険金受取人が同じであれば「所得税(一時所得)」
・保険料負担者・亡くなった人・保険金受取人が全て違えば「贈与税」
となるようです。

○保険料負担者と被保険者(亡くなった人)が同じ場合
 相続税が課税されます。
 相続人が配偶者、子2人、計3人いる場合であれば、生命保険金と他の課税財産の合計額が9500万円以下であれば、相続税は課税されませんので、保険金受取人を配偶者にしても子にしても相続税額はゼロです。
配偶者は、1億6千万円まで、相続税は掛からないようです。
生命保険金を含め9500万円以上の課税財産額があるのであれば、配偶者を保険金受取人にしたほうが相続税額は安く済むようです。

相続税基礎控除額・・・5000万円+1000万円×法定相続人の数
生命保険金の相続税・課税控除額・・500万円×法定相続人の数

○保険料負担者と被保険者が異なる場合
 所得税か贈与税のいずれかか課税されるようです。
例えば、妻が被保険者となっている保険の保険料を夫が負担している場合は、所得税か贈与税のいずれかか課税されるようです。

 保険料     被保険者    死亡保険金   税金の種類
 負担者    (亡くなった人)   受取人

A: 夫       妻         夫      所得税(一時所得)
B: 夫       妻         子      贈与税

・A保険及びB保険の保険金が各々1000万円
・保険料を負担してきた額 70万円
である場合、所得税額と贈与税額がそれぞれいくらになるか試算してみます。

A保険(所得税):税額 約45万円
 課税対象額:
(1000万円-50万円(特別控除額)-70万円)×1/2=440万円
 この金額を他の所得(給与所得など)と合算して所得税額を計算します。
 今回は分かりやすくするため、他の所得は無いものとして試算します。
 所得税額=440万円×20%(税率)-約43万円(控除額)=約45万円

B保険(贈与税):税額 231万円
 課税対象額:
 1000万円-110万円(基礎控除額)=890万円
 贈与税額=890万円×40%(税率)-125万円(控除額)=231万円

  (以上の記事は、2009年12月現在の税制を基に記載しています。)

(参考URL)
かづな先生の保険ゼミ・生命保険と税金の関係~死亡保険金について~
 http://www.fp-kazuna.com/insu/tax/80.html

国税庁・タックスアンサー・死亡保険金を受け取ったとき
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
国税庁・タックスアンサー・生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

国税庁・タックスアンサー・相続税がかかる場合
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4102.htm
国税庁・タックスアンサー・相続税の対象になる死亡保険金
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm
国税庁・タックスアンサー・相続税・配偶者の税額の軽減
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
国税庁・タックスアンサー・相続税の計算と税額控除
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/souzo32.htm

国税庁・タックスアンサー・一時所得
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm
国税庁・タックスアンサー・所得税の税率
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

国税庁・タックスアンサー・贈与税の対象になる生命保険金
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4417.htm
国税庁・タックスアンサー・贈与税の計算と税率(暦年課税)
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

----------------------------
☆関連記事☆(H22.12.25加筆)
「生命保険、年金部分への所得税は「二重課税」」
「年金保険金の二重課税問題に関する裁判所の判決内容」
最高裁判決-保険金への二重課税-に対する国税庁の対応
年金形式で受け取る保険金に対する所得税が軽減(H22.10~)


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。