FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯蓄代わりにもなる保険?-低解約返戻金型終身保険(3)

前々回、低解約返戻金型終身保険(商品名:N)の特徴について、その概要を書きました。
前回に引き続きその特徴を少し詳しく書いていきます。

今回は、
(3)保険料の払込を満了した後に戻ってくる金額(例:払込保険料の119.3%の額)は、預金利率にしてみたら1.12%程度。
(4)この保険の予定利率(*1)は契約期間中変動しない。
について。

30歳、男性、保険金額1000万円、保険料払込期間60歳まで(30年間)、保険期間 終身、月額保険料17,040円、の「商品名:N」(低解約返戻金型終身保険)の例ですと、
30年間の払込保険料総額613万円に対して、払込満了期直後の解約返戻金(*2)は732万円。これは、払込保険料の119.3%に相当します。(平成22年2月現在) (*7)
これが、この保険の"売り"です。

保険営業員のセールストークでも、
30年間 中途解約しない前提で、
・30年後も生きている前提で、
払った保険料のおよそ1.2倍の金額が戻ってくるんですよ、などと盛んに宣伝していることでしょう。
30年間契約を継続できる人は、そのうちの1割~2割くらいしかいないであろうことを隠して。(前回記事参照

生命保険料は、銀行預金のようにその全額が運用に回されるわけではなく、一部は会社の運営経費になります。(*1)
しかし、仮に銀行預金のように全額を運用したとして、年利1.12%程度で運用すれば、月額17040円づつ30年間積み立てて、30年後に732万円にできる計算です。
現在の金利状況では、年利1.12%は少しはスゴイのかもしれませんが、30年間解約返戻金がずっと低いままというリスクをかいくぐってこの程度です。驚くほどの数字でしょうか?

また、「商品名:N」は、一般的な生命保険商品と同様に、契約期間中予定利率は変わらないようです。(*3)
ということは、世の中の金利情勢が上がっても予定利率に変動はないということ。これは、世の中の金利があがっても、上記の例で言えば、30年後に戻ってくる解約返戻金は732万円のままということです。

保険営業員は、世の中の金利情勢が上昇すればそれなりの配当金が付く、と言うことでしょう。
確かに、「商品名:N」は、5年ごと利差配当付 低解約返戻金型終身保険 です。
予定利率以上に高い利率で実際の運用ができれば(利差益(*4)が出れば)、5年ごとに配当できる仕組みになっています。

(東京海上日動あんしん生命の資料によりますと、「5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険」では、5年間でおよそ50万円の保険料支払に対して、440円の配当金がでたようです。(*5)

未来の配当がいくらになるかなど誰にもわかりません。また、私の勝手な推測ではありますが、多少金利情勢が上向いても、保険会社は配当をつけることに慎重になるのではないかと考えています。

保険会社は1980年代後半のバブル期には、バブルがずっと続くと信じて、生命保険商品には高い予定利率を設定し、しかもその上に高い配当が付くかのような勧誘を行いました。
その後、バブルがはじけ、保険会社は「逆ザヤ」(*6)に苦しみ、高い配当が付くかのように勧誘を行った保険営業員は「嘘つき」になりました。
このようなことから、私は、「金利情勢が上向けばそれなりの配当が付く」という営業員のセールストークには懐疑的です。

だから、
低解約返戻金型終身保険に加入する人は、
①保険営業員のセールストークを鵜呑みにすることなく、
②どんな目的で加入するかが明確であり、
③子供の教育費がかさむようになるなどして、その払込保険料が生活費を圧迫するようになっても、保険料払込期間中は解約することなく、
④世の中の預金利率があがっても、この保険に加入していることを恨めしく思うことがない、
人でないと、結果として不満を残すことになると考えています。

あなたは、この保険を契約して後悔しないと言える自信はありますか?

   --------------------

(*1)予定利率・・・一定の運用収益(運用利回り)を想定して、その分を保険料から割り引いている。この割引率(運用利回り)。但し、運用する対象は、保険料のうち「責任準備金」に回す分。
  「ALL Aboutマネー-これってお得ってこと?生命保険の予定利率」
  「YAHOO!保険-責任準備金と予定利率」
  「かづな先生の保険ゼミ-予定利率とは?」

(*2)解約返戻金・・・生命保険を解約したときに戻ってくるお金。
  「生命保険文化センター-用語辞典-ミニ知識-解約返戻金」

(*3)生命保険文化センター「利率変動型保険ってなに?」・・・一般的な生命保険の場合、通常は契約時に適用される予定利率が契約後に変更されることなく、将来金利環境が変化しても契約時の予定利率が適用されます。

(*4)利差益・・・予定利率によって見込まれた運用収入よりも、実際の運用収入が多い場合に生ずる利益。
  「かづな先生の保険ゼミ-生命保険の三利源と資産運用」

(*5)「東京海上日動あんしん生命の現状 2009-後編(業績・コーポレートデータ編)」82ページによると、
平成16年度加入、長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)の場合
30歳加入、60歳払込満了、男性、月払、保険金額500万円、月額保険料8765円、の契約で、配当金が440円。
5年間で、525,900円(=8765円/月×60ヶ月)保険料を払った時点での配当金が440円のようです。1年間の平均にすると、10万円保険料を払って、88円の配当金をもらったことになります。

(*6)逆ザヤ・・・長引く低金利や株安によって、保険会社の運用成績は悪化し、利差益どころか、運用成績が予定利率まで達成しない「利差損」が発生しています。この差損の生じている状態を「逆ざや」。
  「かづな先生の保険ゼミ-生命保険の三利源と資産運用」

(*7)T社の「商品名:N」は、平成22年11月に保険料を値上げ。
  「30歳、男性、保険金額1000万円、保険料払込期間60歳まで」の例ですと、
  30年間の払込保険料総額632万円に対して、払込満了期直後の解約返戻金は732万円。
  これは、払込保険料の115.8%に相当。(平成22年11月に記載を追加)
  -------------------

☆当ブログ 関連記事☆ (H23.3.20追加記載)
「貯蓄代わりにもなる保険?-低解約返戻金型終身保険(1)」
「貯蓄代わりにもなる保険?-低解約返戻金型終身保険(2)」
「貯蓄代わりにもなる保険?-低解約返戻金型終身保険(3)」
「貯蓄代わりにもなる保険?-低解約返戻金型終身保険(4)」
「貯蓄代わりにもなる保険?-保険でなくても保険はできる」
「貯蓄代わりにもなる保険?-(まとめ)この世にお得な保険はない」

「低解約返戻金型終身保険」に横たわる"長くて深い谷"

「掛け捨てでない保険が良い?(1)」
「掛け捨てでない保険が良い?(2)」
「掛け捨てでない保険が良い?(3)」
「「保険も三角」のススメ」
「「保険も三角」のススメ(2)」

貯蓄目的で終身保険に加入したい
保険の貯蓄性という幻想
低解約返戻金型保険と定期預金、どちらが利殖に有利?

「教育資金を貯める方法は保険が有効か?」
「教育資金を貯める方法は保険が有効か?(2)」

アカウント型保険を終身保険に見直すべき?(57歳、男性)
一般の主婦が月額保険料36000円の保険に入るのは?(40歳、主婦)


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・保険商品         目次
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。