FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終身医療保険・保険料比較2010.03.20版

週刊ダイヤモンド2010/3/20号に「保険をリストラ!」という特集があり、そこに「終身医療保険、入院給付金日額1万円、男性」の保険料比較がありましたので、引用させていただきました。

「終身医療保険(終身払い)、入院給付金日額1万円、
男性、30歳」
保険料比較表
終身医療保険比較表(30歳、男)
*ダイヤモンド社が、生保各社に試算を依頼
*1入院限度日数が各社異なるので、日数によって、長期、中期、短期に分けてランキング。
*ダイヤモンド誌には、「高度障害保険金」及び「医者紹介ネットワーク」の有無も掲載されていたが、この表では省略している。
*商品によって、入院給付金、死亡保険金が付いているタイプもある。
プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、アイリオ生命からは回答なし
*各種割引を使って割安な保険料を試算しているケースがあるので、必ずしも記載の保険料で契約できるとは限らない。
*解約返戻金は、払込満了前。
*明治安田生命は、終身払いがないので90歳払込満了
*ソニー生命は、死亡保険金0倍特則付き
*オリックス生命の1入院限度日数は、7大生活習慣病の場合180日
*朝日生命の入院給付金は、入院当初30日が1万円/日。それ以降は5千円/日。
*第一生命は、30歳、40歳の単体医療保険の取扱いがないため、10年更新の定期保険特約 約2千万円を付けた商品の終身医療保険部分。
*太陽生命の保険組曲Bestは、単品で構成される商品であり、その終身医療保険部分。

「終身医療保険(終身払い)、入院給付金日額1万円、
男性、30歳・40歳・50歳」
保険料比較表
終身医療保険比較(30・40・50歳、男)


医療保険の分野では特に、生保各社は、単純な保険料比較をされないようにさまざまなオマケを付けているようです。
例えば、ダイヤモンド誌に掲載されていて、今回お示ししている表からは省略した「高度障害保険金」及び「医者紹介ネットワーク」というオマケなど。

医療保険を選ぶに当っては、最低限どんな保障(条件)が必要かを中心に考えていったほうが良いと思います。
あれもこれもと欲張って、オマケに目を奪われてしまうと、どれが良いのかが分からなくなってしまいます。

<1回の入院で何日まで保障してもらうか>
例えば、短期の入院であれば「高額療養費制度」(http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-346.html)で月10万円程度しか自己負担額は必要ない。有給休暇を利用すれば、給与も満額もらえる。サラリーマンは長期入院になっても「傷病手当金」で、最大1年半、給与の約6割が支給される。ただ、入院して困る度合いが高いのは、長期入院になったときだと思う。
もし、こういうお考えであれば、1回の入院での給付限度日数が長い医療保険を中心に選ぶことになると思います。

<入院1日あたりいくらを保障してもらうか>
また、1日あたりの入院給付金の額をいくらにするかを決めるに当っては、
「日経新聞-医療保険設計のポイント」に書かれているように、
もし入院したら持ち出しがいくらになるか、によって決めれば良いと思います。
サラリーマンであれば、入院給付金日額は、1万円も必要ない場合が多いのではないでしょうか。

後田 亨氏がその著書「生命保険の罠」で書いているように、
保険とはあくまで「日常的には準備できない金額」「不測の事態」というキーワードにこだわりながら関わっていくべき』
『活用しようとする保険に「多くを求め過ぎない」こと』
ということに気をつけながら医療保険の加入をご検討ください。

入院したときに、自分のお金をビタ一文も使わなくて済むほど、民間医療保険で保障してもらわなくてはいけませんか?
貯蓄の活用もお考えになってみては?

(H24.10.13 一部加除修正)

☆関連記事(H24.10.13追記)☆
社会保障制度のチカラ
医療保険はどれほど必要なのか?(2)-社会保障制度を踏まえて-
入院費の支払に貯蓄を取り崩すのは損?
医療保険に「先進医療」特約は必要か?
支払条件の厳しい"三大疾病特約"

解約返戻金のある医療保険って?
「保険料が全額戻ってくる」終身医療保険
医療保険は積立てボーナスがあるとお得?

医療保険商品比較 2007.02.15版
定期保険・保険料比較2010.03.20版

付加保険料(会社運営経費)比較を保険営業員に見せたら


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・医療保険         目次
 ・「生命保険料       目次」
 ・生命保険料比較    目次
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。