スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIGが関連生保3社を売却することになって

今年(2010年)3月8日、AIGは傘下のアリコを米国・メットライフに155億ドルで売却すると発表。
9月16日、メットライフは買収するアリコのブランド名を「メットライフ アリコ」にすると発表したということです。
9月30日には、AIGが、AIGスター生命(旧千代田生命)とAIGエジソン生命保険(旧東邦生命)を米国・プルデンシャルに48億ドルで売却することを発表しました。


これらの売却で、AIGは日本の生保事業からほぼ撤退することになります。

AIGは関連損保会社として、AIU保険、アメリカンホーム保険、富士火災海上保険、JI傷害火災保険がありますが、これらの事業は継続するということです。損保各社のうち、富士火災海上保険は子会社に富士生命という生命保険会社を持っています。AIGは間接的に生保を1社持つことにはなりますが、この会社の規模はアリコ、AIGスター、AIGエジソンとは比べ物にならないほど小規模です。

生保からの撤退に関連があるかどうかはわかりませんが、AIGグループが入居している、東京都墨田区錦糸1-2-4にあるビル名をAIGホームページ等ではこれまで「AIGタワー」と表記していましたが、現在では本来の名称である「アルカウエスト」と表記しています。

アリコを買収するメットライフは、日本では三井住友海上メットライフ生命を展開しています。この会社は年金保険を銀行窓販している中堅生保のようです。アリコを買収することによって、日本での事業が格段に大きくなります。商品群も三井住友海上メットライフ生命とそれほど重複しません。

AIG関連生保2社を買収するプルデンシャルは、既にプルデンシャル生命、ジブラルタ生命(旧協栄生命)、プルデンシャル・ジブラルタル・フィナンシャル生命(旧大和生命)を日本で展開しています。さらに2社が加わることで、保険料収入では国内6位に浮上するとのことです。

アリコジャパンは、平成19年度以降、広告の不適切表示(H19年11月)、保険金の不払い(H20年7月)、顧客情報の不正流出(H22年2月)で金融庁から業務改善命令を受けています。3年間で3度の業務改善命令を受けた保険会社は他にはないでしょう。まさにボロボロの状態だと思います。
複数の業務改善命令への対応に加え、AIG信用不安への対応で、社内は疲弊しきっているのではないでしょうか。
しかし、アリコ社員の方々にもう一頑張りしていただき、新しい姿に生まれ変わったメットライフアリコを見てみたいものです。


AIGグループ会社(AIG)

2010/9/30 AIG、AIGスター生命とAIGエジソン生命の株式売却に合意(AIG)

2010/9/30 日本の2生保売却合意 AIG、プルデンシャルと(asahi.com 2010年9月30日15時1分)

2010/3/9  AIGはALICOを約155億ドルでメットライフに売却(AIG)

2010/2/24 弊社に対する行政処分等について(アリコジャパン)

「AIG信用不安をめぐる報道・出来事(H20.9.16~10.31)」H20.11.02
「AIGをめぐる報道(H20.10.17~10.20)」H20.10.23
「AIG傘下の国内生保売却へ」H20.10.5
「AIGに9兆円の信用供与」H20.9.20
「不払い10社、業務改善計画を提出」H20.8.6
「生保10社へ保険金不払いによる業務改善命令」H20.7.6
「生保38社 保険金等不払い状況一覧(2)」H19.12.12
「アリコ、今度は業務改善命令」H19.11.21
「アリコ・広告・排除命令」H19.10.24 


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・保険会社         目次
 ・時事ニュース      目次
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。