スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低解約返戻金型終身保険・保険料比較2010.11.07版

一生涯の死亡保障がある「終身保険」の一種である「低解約返戻金型終身保険」の保険料の比較表を作成してみました。

低解約返戻金型終身保険の主な特徴は、
・途中で解約しない限り、死亡保障が一生涯(終身)続く。
・保険料の払込期間中の解約返戻金を、一般的な終身保険の70%ほどにしている。(30%ほど低くしている)
・これにより、一般的な終身保険よりも支払い保険料を15%弱安くしている。
・保険料払込期間中に解約すると、戻ってくるお金(解約返戻金)は、それまでに払い込んだ保険料総額を下回る。
 (東京海上日動あんしん生命「長割り終身」の例
 特に、契約から2年以下で解約すると、戻ってくるお金は、それまで払い込んだ保険料総額の半分未満。
・払込期間満了後になれば、解約返戻金は一般的な終身保険と同水準となる。
低解約返戻金型終身保険の仕組み図(損保ジャパンひまわり生命「一生のお守り」商品説明より)

低解約返戻金型終身保険 主な商品の保険料比較
低解約返戻金終身保険_主な商品比較101107

参考生保10社13種類の「低解約返戻金型終身保険」・保険料比較表)(*1)

低解約返戻金型終身保険 払込期間満了後の解約返戻金額 比較
低解約返戻金終身保険_返戻金比較_主な商品101107
参考生保10社13種類の「低解約返戻金型終身保険」・解約返戻金額比較表)(*1)

現在販売されている「低解約返戻金型終身保険」商品には大きく分けて3つのバリエーションがあるようです。(*2)
有配当、予定利率固定(商品例:東京海上日動あんしん生命「長割り終身」
無配当、予定利率固定(商品例:損保ジャパンひまわり生命「一生のお守り」
無配当、積立利率変動型(*3)(商品例:三井住友海上きらめき生命「MS終身α」

この3つのバリエーションごとの簡単な特徴を表にしてみました。
低解約返戻金終身保険_バリエーション101107
*どの「低解約返戻金型終身保険」も、契約している保険会社が破綻しない限り、保険金額や解約返戻金が契約当初設定された金額を下回ることは有りません。

全体的にみると、3つのバリエーションの商品の中で、月額保険料が最も安いのは「無配当、予定利率固定」の商品です。
また、保険料総額と、払込期間満了後の解約返戻金とを比べても、「無配当、予定利率固定」の商品が、より多くの解約返戻金がありそうです。

ただ、「有配当、予定利率固定」の商品は、今後の保険会社の運用次第で、配当金が増える可能性は一応あります。
「無配当、積立利率変動型」の商品は、今後の保険会社の運用次第で、保険金や解約返戻金が増える可能性は一応あります。
もちろん、増えるかどうかは現時点では全くわかりません。

「有配当、予定利率固定」の商品である「長割り終身」が、
「30歳、男、保険金額1000万円、60歳払込満了」という条件で、30年間にわたって5年ごとの配当金を平均48,000円ほど出し続けるという快挙を成し遂げれば、
「無配当、予定利率固定」の商品であるマニュライフ生命「こだわり終身」の「解約返戻率」と同じになります。しかし、5年ごとの配当金を800円ほどしか出していない現状では厳しいと思えます。(*4)

また、「無配当、積立利率変動型」の商品である「MS終身α」の積立利率が上昇した結果、30年後に保険金額が1.1倍程度、解約返戻金が1.05倍程度になれば、「こだわり終身」と同程度の解約返戻金額や保険金額になります。
「MS終身α」契約後なるべく早期に積立利率が1.75%から2.5%程度に上昇し、払込満了時までその利率水準が維持され続けるという快挙を成し遂げれば、60歳時には「こだわり終身」と同程度以上の解約返戻金額や保険金額になるのでしょう。
ただ、積立利率がいつ上昇するのかさえ、全く見通しがつかない現状ではありますが。

低解約返戻金終身保険_バリエーション_シミュレーション101107

              
低解約返戻金型終身保険を保険営業員が勧めるとき、「払ったお金(保険料累計額)以上に、戻ってくるお金(解約返戻金)が多くなるんです」というようなセールストークを繰り広げます。
但し、これは払込期間中途で解約しないという条件付きです。最後までキッチリ払込を完了した場合だけなのです。
以前のブログ記事でも書きましたが、数十年間という長い間には、中途で解約してしまう人が相当程度いるようです。(*5)
だから
低解約返戻金型終身保険に加入する人は、
①保険営業員のセールストークを鵜呑みにすることなく、
②どんな目的で加入するかが明確であり、
③子供の教育費がかさむようになるなどして、その払込保険料が生活費を圧迫するようになっても、保険料払込期間中は解約することなく、
④世の中の預金利率があがっても、この保険に加入していることを恨めしく思うことがない、

このような人であれば、この保険に加入するメリットがあるかもしれません。

  ------------------
(*1)生保10社13種類の「低解約返戻金型終身保険」
・日本興亜生命「なっ得終身」
・フコクしんらい生命「NOぷろぶれむ」
・東京海上日動あんしん生命「長割り終身」
・富士生命「E-終身」
・マニュライフ生命「こだわり終身」
・損保ジャパンひまわり生命「一生のお守り」
・AIGエジソン生命「とく割終身保険」
・アメリカンファミリー「WAYS」(ウェイズ)
・あいおい生命「低解約返戻金特則付積立利率変動型終身保険」
・三井住友海上きらめき生命「MS終身α」

(*2)終身保険のバリエーション
この記事で紹介しているバリエーションは「低解約返戻金型」終身保険のバリエーションです。
終身保険には、低解約返戻金型終身保険のほか、払込期間中の解約返戻金を減額しない終身保険や、他の種類もあります。(保険選びネット-終身保険のバリエーション) 

(*3)「積立利率変動型」終身保険は、大手生保が販売している「アカウント型」と呼ばれるような「利率変動型 積立終身保険」とは違います。

(*4)「東京海上日動あんしん生命の現状 2010」86ページ
17年度契約・長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)
30歳加入、60歳払込満了、男性、月払、保険金額500万円 (月額保険料8,765円)
5年後の平成21年度の配当金実績 414円
保険金額が1000万円の場合では、配当金が800円ほどと思われます。
5年ごとに800円の配当金をもらっていくと、30年間での配当金合計額は4800円ほどになる計算。

(*5)低解約返戻金型終身保険は、長期間に亘り最後まで払込を終えた人に限って、しかもその時点で生きている人に限って、中途解約した人から"ピンはね"したお金を元手に、ささやかなご褒美として「戻ってくるお金」(解約返戻金)を増やす仕組みになっていることで、はじめて「貯蓄代わりになる」としている保険です。
(中途解約した人にとっては、「元本割れ」(平均で預け入れ額の20%~30%程度の手数料を払って貯蓄をしていたようなもの)となる。)
(当ブログ記事-貯蓄代わりにもなる保険?-(まとめ)この世にお得な保険はない

  ----------------------------------
☆当ブログ 関連記事(H25.6.23追加記載)☆
「終身保険・保険料比較2006.03.25版」
「収入保障保険・保険料比較2009.05.10版」
「定期保険・保険料比較2010.03.20版」
「学資保険・保険料比較2010.11.20版」

「終身医療保険・保険料比較2010.03.20版」

貯蓄目的で終身保険に加入したい
保険の貯蓄性という幻想
低解約返戻金型保険と定期預金、どちらが利殖に有利?
「低解約返戻金型終身保険」に横たわる"長くて深い谷"

「教育資金を貯める方法は保険が有効か?」
「教育資金を貯める方法は保険が有効か?(2)」

「長割り終身」値上げ-平成22年11月
「「長割り終身」保険料の推移」
「「長割り終身」保険料の推移(H25年4月)」

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・生命保険料       目次
 ・生命保険料比較    目次
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。