スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年(H24年)も春が訪れました

東日本大震災から1年余り。
今年も桜の花の咲く春が来ました。
2012年桜
桜の花が、かすかでも癒しになりますよう。

ところで、今年4月22日、お陰様で当ブログは70万ページビューを超えました。
様々な方々に御覧いただいた結果です。

この中で、自身のブログ記事の中で当ブログを引用いただいた(と思われる)記事がありました。
引用いただくこと自体は大変ありがたいのですが・・・・・

北海道で保険営業員をしている方です。
みなさんはこの言葉どう思われますか?」2011-12-10 21:47:57
「○保険は愛・・・。本当に愛なの!?」から始まるこの記事の中に「保険会社が保険商品を開発するに当たっては、保険事故の発生確率やそれに見合う原価の計算、会社が見込むべき利益等の金額を冷徹に計算しているのです。そこに微塵の「愛」もありません。
という記述がありました。

この記述は、当ブログ「保険営業員を使い切る(2) -私の嫌いな営業員-」June 12, 2007 にある「保険会社が保険商品を開発するに当たっては、保険事故の発生確率やそれに見合う原価の計算、会社が見込むべき利益等の金額を冷徹に計算していることでしょう。そこに微塵の「愛」もありません。」から引用したものかと考えられます。

この保険営業員の方のブログに、「引用したのであれば、引用元を記載いただければ幸いです。」とコメントを入れましたら、その数日後にはこの記事は削除されてしまっていました。残念です。ただ、この保険営業員からすると、当ブログ記事のタイトルが「保険営業員を使い切る(2) -私の嫌いな営業員-」であるだけに、このタイトルの記事から引用したとは書きにくかったのかもしれません。そうであれば、当ブログのコメント欄にでも、引用したことをお知らせいただけたらと思いました。

「みなさんはこの言葉どう思われますか?」ブログ記事の末尾に「【保険会社が保険商品を開発するに当たっては 保険事故の発生確率やそれに見合う原価の計算 会社が見込むべき利益等の金額を冷徹に計算していることでしょう。そこに微塵の「愛」もありません。】をアメーバで検索」という記述がありました。
アメーバで検索しても当ブログ記事は表示されませんでしたが、googleで検索すると、当ブログ記事が表示されました。
どこから引用したのかを書いていないことを心苦しく思った結果の精一杯の誠意だったのでしょうか。

また、同じ方の別のブログ記事「「公平」「中立」に騙されてはいけない」2011-12-08 21:21:58 には、「よく、保険代理店の広告なんかを見るとこんな文言がキャッチコピーのように出ている事があります。どんな文言かと言うと・・・。
「わが社は、複数社の保険商品の中から、保険のプロが公正・中立な立場で、最適な保険商品をお客様に提案します。」
というものです。」

当ブログ「乗合代理店が言う「公正・中立」に騙されるな」January 08, 2011 の記事には、
「複数社の保険商品を取り扱う乗合代理店。この乗合代理店のキャッチコピーに以下のようなものを見かけます。
「わが社は、複数社の保険商品の中から、保険のプロが公正・中立な立場で、最適な保険商品をお客様に提案します。」」と記載しています。

当ブログ記事でかいたキャッチコピーは、特定の代理店のキャッチコピーを引用したものではありません。おおよそこんな内容のキャッチコピーだということで書いたものです。通常は、ここまで酷似することは考えられません。当ブログ記事から引用したことが強く推定されます。

この北海道の保険営業員の方は、「乗合代理店」の方のようですので、タイトルを「乗合代理店が言う・・・」とは書けなかったのかもしれません。
ここにも、当ブログからの引用であることは書かれていません。

この保険営業員の方は、毎日のようにブログ記事を更新しているようです。記事のヒントを求めて、ネットサーフィンした結果、当ブログ記事を見つけたのかもしれません。

保険営業員の方が当ブログ記事にご賛同くださることは大変光栄なことです。
当ブログ記事を引用いただくことは歓迎です。ただ、プロが書くブログ記事です。もし、引用いただいたのであれば、そのブログ記事に引用元を記載いただきたく思います。せめて、当ブログに引用したことをご連絡いただくとか。残念です。


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・日記            目次
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。