スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終身保険など、H25年4月から値上げか。駆け込み契約勧誘にご用心。

平成25年4月以降に新規契約する、養老保険、学資保険、終身保険など、貯蓄性がある保険が値上げになる可能性があるようです。
生命保険会社は、金融庁が定める「標準利率」を目安にして、契約者に約束する「予定利率」を定めるそうです。金融庁は、現在1.5%となっている標準利率を、来年4月から1.0%に下げる見通し。これに伴い、生命保険会社が予定利率(*1)を下げますと、下図のとおり契約者が払い込む保険料(掛け金)が上がります。
なお、掛け捨て保険(定期保険)は、予定利率の影響度が低いため、保険料は上がらない見通しとのことです。

予定利率変更による保険料内訳の変化イメージ121002

保険会社は、契約者から受け取った保険料のうち、将来の保険金支払いに積み立てる部分を資金運用しています。保険会社は、この積み立て部分を一定利率で運用することをあらかじめ見込んで、保険料を割り引いています。この割引率が予定利率です。割引率(予定利率)が下がると、支払う保険料が上がることになります。

保険料が値上げになりそうになると、「保険で貯蓄をしましょう」などと勧めている保険営業員は、保険料が値上げになる前に-おそらく、H25年1月頃から-、「H25年4月から終身保険などの保険料が値上げになります。その前に、この終身保険に入っておいたほうがオトクですよ。」などと勧誘してくると思われます。
そもそも、現在の終身保険がオトクかどうかわかりません。保険営業員の勝手な勧誘になど乗らないようにしましょう。(*2)(*3)

----- ----- -----
(*1)予定利率・・・保険会社が契約者に約束した、保険料の「割引率」です。
かづな先生の保険ゼミ「保険料の仕組み
http://www.fp-kazuna.com/insu/basic/07.html

(*2)「貯蓄目的で終身保険に加入したい」
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-215.html

(*3) 個人ブログで辛口批評する!「来年四月、終身保険など保険料一割値上げ
http://blogs.yahoo.co.jp/konchanni/53198836.html

---------以下、新聞記事、関連記事-----------------
○平成24年9月5日 朝日新聞(朝刊)

生保、保険料値上げ検討 来春から

生命保険各社は、来年4月以降の新しい契約を対象に、養老、終身保険などの貯蓄性の高い商品の保険料を12年ぶりに一斉に引き上げる検討に入った。歴史的な低金利で、運用環境が悪くなっているためだ。値上げ幅は平均で数%とみられるが、商品によっては1割前後となりそうだ。

 生保各社は、金融庁が過去3年の長期金利の平均などから定める「標準利率」を目安にして、契約者に約束する運用利回り(予定利率)を定めている。標準利率は現在1.5%だが、長期金利の低下を受け、金融庁は来年4月から1.0%に下げる見通し。標準利率の引き下げは12年ぶり。これに伴い、生保各社は予定利率を下げる。運用でもうからない分、将来の保険金支払いに備えた積立金を、保険料アップでまかなう方向だ。

 値上げ対象は、死亡時や満期時に保険金が出る養老保険、生涯にわたって死亡保障が受けられる終身保険、決められた時期から年金が支払われる年金保険など。大手生保の15年満期の養老保険で計算すると、予定利率が1.5%から1%に下がると、35歳男性の保険料は3%程度上がる。終身保険では1割前後の値上げになるケースもある。

 医療保険やがん保険も値上げが検討されるが、掛け捨てタイプの保険料は上がらない見通し。

○現役保険営業マンの「生命保険徒然日記
 H24.8.26日本経済新聞「大手生保、貯蓄型の保険料引き上げへ 最大1割」記事の紹介
 http://hoken-ag-diary.at.webry.info/201208/article_15.html

○読売新聞 H24.9.22
終身保険など値上げか、標準利下げで
 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65247

---------以上、新聞記事、関連記事-----------------

☆当ブログ 関連記事(H25.6.23追加)☆
長割終身_保険料推移(H25年4月)
「終身保険などの保険料、一旦上がって、また下がる?」H25.1.14
「長割り終身」保険料の推移 H22.11.2
「平成19年4月からの保険料改定」H19.3.12

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・生命保険料       目次
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・時事ニュース      目次
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。