スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズバリ!どこの保険会社が トータルとしてオススメ?

<<質問・原題:ズバリ!どこの保険会社がトータル的におススメですか?>>
            質問日:2012/7/14


生命保険について質問です。

ズバリ!どこの保険会社が
トータル的にオススメですか?

<<回答 >>  2012/7/17(ハンドルネーム ucosmos_fc2 で回答しています。)

ズバリお答えします。 「おススメの会社は、ありません!!
ボランティアで事業をしている生命保険会社は、1社もありません。どの会社も、儲けたがっています。保険のことが良くわからない人を格好の"カモ"だと思っています。
ある生命保険会社(○○生命)で営業員をしている人は、「おススメの会社は、○○生命」と答えます。複数の保険会社を扱う代理店に勤めている人は、一番儲けが大きい商品を提供している会社をおススメするでしょう。

現在、生命保険事業を行っている会社は、金融庁の認可を受けた生命保険商品を販売しています。したがって、保険商品として明らかな"欠陥商品"を販売している会社はありません。
しかし、契約者が使い方を間違えると、その契約者にとって"粗悪品"になる商品はあります。ほとんどの会社の生命保険商品がそうかもしれません。
「○○とハサミは使いよう」という言葉がありますが、「保険商品も使いよう」です。どこの保険会社の商品も使いようによって、良くも悪くもなります。(保険をわからない人にとって、ほぼ"粗悪品"になるという商品はありますが)

また、生命保険契約者保護機構(http://www.seihohogo.jp/)というところの会員になっている会社(日本の一般的な生命保険会社は全て)が、万一破綻しても、保険契約者は一定の保護を受けられます。保護を受ける条件は、どの会社が破綻しても同じです。(*1) 名の知れた会社であろうが、名前を聞いたことの無い会社であろうが同じです。
この意味で、おススメできない会社はありません。

「では、どうしたらよいか」です。
保険について考えるときに、どこの保険会社が良いか、どの保険商品が良いかを最初に考えるのではなく、
相談者さんにとって「どんな保障が必要か?」をまず考えることが重要です。
そして、保障は【シンプルな保障、必要最低限の保障】を心がけることをおススメします。

保険を契約するのは、万一の時に「お金に困る」からです。お金に困らなければ、保険なんて不要です。
ご主人が亡くなったら、生きているときよりご遺族が裕福になってしまうような保険は、おかしいと思いませんか?

保険営業員は、とかく顧客の不安をあおって、多額の保障の保険を契約させようとします。
しかし、少なくとも、もらった保険金でお金持ちになってしまうようなことはやめましょう。

最後に、シンプルな保障の商品を扱っている会社(団体)例を挙げてみます。
(ちなみに、私は、保険営業員ではありません。どこの保険会社とも関係がありません。念のため)

・県民共済。
・インターネット申し込み専用の会社である、ネクスティア生命、ライフネット生命。
・営業員から申し込む商品だけでなく、インターネット申し込み商品がある、オリックス生命。

なぜ、これらの会社を挙げたかといいますと、
・商品がシンプルである(わかりやすい)
・保険料が比較的割安である

これらの会社の商品から、相談者さんにとって【シンプルな保障、必要最低限の保障】をご検討になってみるのはいかがでしょうか。
しかし、くれぐれも、「保険は使いよう」ということはお忘れなく。

(ご参考)
生命保険Q&A
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-114.html

------------
(*1)生命保険会社が破綻したら保険契約は?
------------

+++   +++
*この記事は、「yahoo知恵袋-保険」で私が回答した記事を転載しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・変更・追加を加えた箇所があります。
+++   +++


☆当ブログ 関連記事☆(H24.10.8更新)
「安心して加入できる国内の生保はどこ?」
「オススメの生命保険会社」
「生命保険会社なんてこんなもの」
「生命保険会社の論理」

「どんな保険が良いかわからない」
「収入に対してどれくらいの保険料が一般的?(30歳代夫婦)」

「自分に合う保険を教えてもらえるお店はあるか」
「保険の無料相談に相談して大丈夫?(31歳・主婦)
「生命保険の相談、どこですれば良い?(40歳、既婚男性)」
「乗合代理店が言う「公正・中立」に騙されるな」

「外資系生保の営業手法」
「住友生命・不適切な保険募集」
「保険会社(日本生命)に不信感で一杯(夫の保険金を受取った妻)」


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・保険会社         目次
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。