スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険会社が倒産したら、保険契約はどうなるの?

<<質問・原題:保険会社が倒産したら、生命保険はどうなりますか?>>
            質問日:2012/5/1

保険会社が倒産したら、生命保険はどうなりますか?

私は生命保険のド素人です。ライフネット生命保険に加入しようと思っているのですが、万が一この会社が倒産した場合はどうなるんですか?今まで払ってきたお金とか、その後の保障とか、一般的にはどうなるんでしょうか?


<<回答 >>  2012/5/3(ハンドルネーム ucosmos_fc2 で回答しています。)

●万一、ライフネット生命が破綻しても、その契約は他の生保等に引き継がれ、保障は続きます。但し、その場合、保険金額(保障額)は減少する(または、減少しない)ことが考えられます。

「生命保険契約者保護機構」の会員会社であれば、ライフネット生命にかぎらず、どの生命保険会社が破綻した場合であっても、その保険契約者は保護されます。(*1)
ある生保が破綻した場合、その会社の保険契約は、他の会社が引き継ぐか、あるいは、引き継ぐ会社が現れなかった場合には、生命保険契約者保護機構がその会社の保険契約を自ら引き継ぐなどして、保険契約を継続させ、保険契約者の保護を図ることにしています。
但し、その場合には、「責任準備金」(*2)が最大10%減額されます。

貯蓄性がある生命保険(養老保険、個人年金保険、終身保険等)は責任準備金が多く、生命保険会社が破綻した際の保険金額(保障額)の減少幅が大きくなるようです。
また、保障性が高い保険(定期保険(掛け捨て保険))は責任準備金が少ないため、保険金額(保障額)の減少幅は比較的小さい(または減少しない)ようです。(*3)

ライフネット生命は、「保障性の高い」保険商品を扱っていますので、万一破綻したとしても、保険金額(保障額)の減少幅は比較的小さい(または減少しない)と見込まれます。

●今確実に言えることは、10年後・20年後にも絶対に破綻しないと言える生保は1社もないということです。
素人である私達が、将来にわたって「安全な会社」を見分けることは不可能です。

後田 亨さんという方は、「安全な会社」を見分けることはできなくても、生命保険との「安全な関わり方」をすることはできると言っています。(*4)
「安全な関わり方」とは、生命保険を「必要最小限の活用」にとどめること。
限定的な事態に「定期保険」(*5)で備えるだけでいい。
それは、保険の本質に忠実な賢い選択。

●ですので、シンプルで割安な「定期保険」を主として扱っているライフネット生命の商品を契約することは、賢い選択の一つだと思います。
(ちなみに、私はライフネット生命の関係者ではありません。また、知人等にも同社の関係者はおりません。念のため。)

保険営業員を抱えていて、複雑で割高な保険商品を主力商品としている生保の方々や、複数保険会社を扱っている(ライフネット生命は扱っていない)代理店で営業員をしている方々は、保険契約がネット専用生保であるライフネット生命に流れてしまっては困るので、そうならないような「個人的意見」を言います。同社の商品をおススメすることはないでしょう。

--------------
(*1)生命保険会社が破綻したら保険契約は?
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-240.html
生命保険契約者保護機構の会員会社
http://www.seihohogo.jp/list.html

(*2)「責任準備金」とは、生命保険会社が将来の保険金・年金・給付金等の支払に備え、保険料や運用収益などを財源として積み立てている準備金のこと。
(生命保険契約者保護機構-生命保険会社の保険契約者保護制度Q&A-Q14)
http://www.seihohogo.jp/qa/qa14.html

(*3)(生命保険契約者保護機構-生命保険会社の保険契約者保護制度Q&A-Q15)
http://www.seihohogo.jp/qa/qa15.html
(生命保険契約者保護機構-生命保険会社の保険契約者保護制度Q&A-Q16)
http://www.seihohogo.jp/qa/qa16.html

(*4)保険との安全な関わり方
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-255.html

(*5)定期保険
保障期間が一定期間(10年、60歳まで、など)になっている保険。一般的には、保障期間が一定期間となっている「死亡保障保険」。

(**)定期保険 保険料比較(H22.3.20現在)
http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-290.html

H24.5.6現在、割安な定期保険として、
35歳、男、保障期間10年、死亡時の保険金額500万円の例
(以下はいずれも、ネット申し込み専用商品)
・ライフネット生命「かぞくへの保険」 月額保険料 1007円
・ネクスティア生命「カチッと定期」 月額保険料 970円
・オリックス生命「ブリッジ」 月額保険料 962円

+++   +++
*この記事は、「yahoo知恵袋-保険」で私が回答した記事を転載しています。
*質問及び回答内容で、一部省略・変更・追加を加えた箇所があります。
+++   +++

---------------------------
☆当ブログ 関連記事☆
生命保険会社が破綻したら保険契約は?

安心して加入できる国内の生保はどこ?
「ズバリ!どこの保険会社がトータルとしておススメ?」
「オススメの生命保険会社」
「生命保険会社なんてこんなもの」
「生命保険会社の論理」

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・「医療保険         目次」
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・保険会社         目次
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・生命保険Q&A     目次
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。