スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険を検討しているときに考えてみること

生命保険の営業員が医療保険商品を勧める時には、

入院という事態に対応するために、
自分が取り扱っている保険商品の中で、
生命保険という手段だけを使う

ということを前提に保険商品を提案しているということを心に留めておいてください。
この前提条件を逆に考えれば、
○保険選びをする時には、2社以上の営業員から話しを聞いてみること
○入院という事態に対処するための手段は、生命保険だけではないということ
です。

あなたに医療保険を勧めている営業員が扱っていない商品で、
もっと自分の希望に合った商品があるかもしれません。
あるいは、
この営業員が扱っていない商品で、
支払う総額保険料と保障内容とで、もっとバランスの取れた良い商品があるかもしれない、ということもいえると思います。

ですから、保険選びをする時には、2社以上の営業員から話しを聞いてみることです。

さらに、入院という事態に対処するための手段は、生命保険だけではないということです。

保険会社の営業員は、当然ですが生命保険の話しかしません。
ましてや、
「保険契約者がもらう入院1回当たりの給付金の額は、平均すれば、せいぜい十数万円程度なんです。わざわざ保険料を払って医療保険に加入しなくても、貯蓄でも十分対処できる金額ではないですか。」
などとは、決して言いません。

また、営業員によっては、公的医療保険制度である「高額療養費制度」(http://ucosmos.blog95.fc2.com/blog-entry-346.html)があることを言わない(知らない?)人がいるかもしれません。

さらに、サラリーマンであれば、勤務する会社によっては、自社の健康保険からの付加給付により、1ヶ月の医療費の自己負担限度額が2万円程度の場合もあるようです。

また、有給休暇の範囲内であれば、給与が減らされることもありません。

ご自分が加入している公的保障制度の状況や有給休暇の状況を確認したり、貯蓄での対処も考慮して、
医療保険加入を検討してみてください。

(H24.10.13 一部加筆修正)

☆関連記事☆
「医療保険は入ってはいけない 」
「医療保険を検討しているときに考えてみること 」

「医療保険加入のポイント」
「医療保険加入のポイント(2)」
「医療保険加入のポイント(3)」
「医療保険加入のポイント(4)」
「医療保険加入のポイント(5)」

「医療保険・必要保障額の考え方1」
「医療保険・必要保障額の考え方2」
「医療保険・必要保障額の考え方3」
「医療保険・必要保障額の考え方4」

「医療保険 加入者ランキング(第一位~第二位)」
「医療保険 加入者ランキング(第三位~第四位)」
「医療保険 加入者ランキング(第五位~最下位)」

「DIY医療保険」のススメ」
「医療保険の一つのあり方 -免責期間30日の医療保険-」
「医療保険のジョーシキ」
「医療保険商品比較」


《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・「生命保険         目次」
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・医療保険         目次
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

突然のコメント失礼しますね。

私の シニア保険情報サイトで、
あなたのサイトの記事を紹介させていただきました。

この記事です
http://blog.livedoor.jp/senior27/archives/50073647.html

それでは、今後ともよろしくお願いしますね。

senior27様

初コメント、及び当ブログ記事の紹介をいただきありがとうございます。
今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。