スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終身医療保険で一生涯の安心は買えない

多額の保険料を支払って、三大疾病特約や介護特約など様々な特約を付加することにより、十二分な保障内容の終身医療保険に加入すれば、一生涯の安心を得られるのでしょうか・・・・・。

答えは、NOです
なぜなら・・・
加入して、今現在安心をもたらしてくれている終身医療保険は、
加入した時と変わらない物価水準だから、
加入した時と変わらない社会保障制度だから、
そして、加入した時と変わらず健康だから、
今現在も引き続き、生涯安心な気持ちがしているだけなのです。

30歳の人が、終身医療保険を契約したとしましょう。
その人に一生涯の安心を与えるためには、その人が平均寿命まで生きるとすれば、約50年間に亘って加入当時と変わらない世の中であることが必要です。

もし、物価が今の何倍も上がれば、1日入院して5千円や1万円貰っても役に立たなくなるかもしれません。
逆に物価が安くなって、それに連動して給料も下がったら、月々数千円の保険料も払えなくなるかもしれません。

もし、公的医療保障制度が改悪されて、自己負担額が増えたら、民間医療保険で1日入院して5千円や1万円貰っても役に立たなくなるかもしれません。
逆に公的社会保障制度が充実して、入院しても医療費の自己負担額が減れば、わざわざ毎月保険料を払ってまで民間医療保険に加入する必要がなくなるかもしれません。

もし、終身医療保険に加入した後に病気がちになって、その医療保険で保障してくれる通算入院限度日数を超えてしまったら、もうそれ以上その医療保険から保障は得られません。
また、逆に医学が進歩して、ほとんどの病気が入院しなくても治るようになったら、今の医療保険では保障されません。なぜなら、今の医療保険は入院しないとお金がもらえないのですから。

このように、終身医療保険が一生涯あなたを守ってくれる保障はないのです。
医療保険を販売しているのは営利企業です。
今加入の終身医療保険で、将来の社会情勢の変化に対応してあなたを守ってくれるほどお人よしではありません。

したがって、終身医療保険に加入して得られる安心は、「一生涯の安心が得られた」と感じている、今現在得ている安心感に過ぎないのです。

それでは、生涯にわたって病気へのリスクに対して安心を与えてくれるものはないのでしょうか。
個人的には、生涯の安心を与えてくれる可能性が最も高いのは、公的医療保障制度だと思っています。
なぜなら、今の民主主義の世の中では、多くの国民が現行の医療保障制度の堅持を望むのであれば、大幅な改悪は考えにくいからです。

但し、私も神様ではないことは、お断りしておきます。


☆関連記事(H25.5.20加筆)☆
「医療保険は入ってはいけない 」
「医療保険を検討しているときに考えてみること 」
「入院費の支払に貯蓄を取り崩すのは損?」

「医療保険加入のポイント」
「医療保険加入のポイント(2)」
「医療保険加入のポイント(3)」
「医療保険加入のポイント(4)」
「医療保険加入のポイント(5)」

「終身型の医療保険、一生の安心には疑問符」
「医療保険のホントの原価は? 」
「医療保険は積立てボーナスがあるとお得? 」
「医療保険はどれほど必要なのか? 」
「かかる医療費。かける医療費。」
「主役は健康保険(公的医療保険)」
「医療保険に加入するよりも大事なこと」

「医療保険 加入者ランキング(第一位~第二位)」
「医療保険 加入者ランキング(第三位~第四位)」
「医療保険 加入者ランキング(第五位~最下位)」
「DIY医療保険」のススメ」
「医療保険の一つのあり方 -免責期間30日の医療保険-」
「医療保険のジョーシキ」
「生命保険料の決まり方(「医療保険」編)」
「新しい保険が出ました、というけれど・・・ 6 –医療保険-」

「医療保険商品比較」

《当ブログ・カテゴリー目次》
「快適らいふ        目次」
 ・「はじめに         目次」
 ・生命保険         目次
 ・「必要保障額の考え方 目次」
 ・医療保険         目次
 ・「生命保険料       目次」
 ・「生命保険料比較    目次」
 ・「保険募集人       目次」
 ・「保険商品         目次」
 ・「保険会社         目次」
 ・「時事ニュース      目次」
 ・「生命保険 関連用語  目次」
 ・「保険加入参考サイト  目次」
 ・「生命保険Q&A     目次」
 ・「言葉の備忘録      目次」
 ・「日記            目次」
(赤い文字で書かれたものは本記事に関連が深いカテゴリーです。橙色で書かれたものは、その次に関連があるカテゴリー。)
関連記事

Comment

秋桜児さん おはようございます!

私も我が国で売れれている一般的な医療保険や入院特約は
生涯を保障しないと言う考えです。
http://www.hiroks.com/rocohouse/kaku/syyusinniryou.htm
したがって私は昔から【入院特約】(医療保険が無かった)の
解約返戻金を上手に使うことを提案してきました。
http://www.hiroks.com/rocohouse/hokenkouza/dr_ken_hokennkouza.htm
ところが外資生保が【医療保険】を扱うようになって
今日ではどこの保険会社の【医療保険】を主力に扱うようになりました。

そして何時の間にか解約返戻金が無い(あってもごく僅か)医療保険が
あたりまえになってしまい、
その事がほとんど議論も開示もされないままに
保険会社のドル箱?商品になっている事に
私は疑問を感じています。

Dr.KENさん

再びのコメントありがとうございます。
Dr.KENさんの持論承知しております。
解約返戻金のある医療保険。特約としての医療保険。

残念ながら、私は、Dr.KENさんとは意見を異にしています。
保険料は"経費"です。解約返戻金を受け取る目的で、余分な経費は払いたくない、というのが私の意見です。

生命保険に加入しようという契約者は
解約など考えて加入する人はほとんど
いないと思いますが…。

しかし現実的な統計として生命保険の解約・失効率が
年に約1割ほどあるという事です。
すなわち10年以上契約を継続する契約者は
ごく僅か、という事になるのです。

その時に保険会社は解約返戻金を払わずに済む
保険である、という事も消費者は知っておいても
良いのではないでしょうか。

Dr.KENさん

何度ものコメントありがとうございます。

なぜ保険料が安いのか・高いのか、について顧客がよく説明を受け、また、
特約とする医療保険のメリットデメリット、
解約返戻金があるメリット・デメリット
についても顧客が説明を受け、納得したのであれば、
どんな商品を選ぶかは、顧客個々人次第だと思います。

私自身は、医療保険が主契約となった、解約返戻金のない医療保険を契約していますが、この保険の特徴を引き受けた上で契約しています(つもりです)ので、そのことに後悔はしないと思います。

秋桜児さんは大変勉強されて
納得した上で保険に加入されているわけですから
まったく問題が無いと思います。

私の契約者にも秋桜児さんと同じ考えの方も
数多くいらっしゃいます。
ただ私の場合は90歳までは自動更新する事が出来る
1年更新の超保険の医療補償をお勧めしています。

お客様に保険をご案内する時には
色々な考えがある事をご説明して加入して頂いています。
私はHPやネット上でも色々な事を書いていますから
それを後から見て、「なぜ、そんな話をしてくれなかったの!」
なんて詰め寄られると困りますし…
なにしろ徹底的にお話するようにしています(^_^;)

Dr.KEN さん

保険商品はそれぞれ特徴があるのでしょうし、その特徴と客のニーズが合致しているか、説明が欠かせませんね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

保険で備えるお金 簡易計算

 

生命保険で備えるお金(必要死亡保障額)を簡易計算するツール

    
妻子の当面必要な生活費(月額) 円(a)
妻の収入や公的遺族年金(月額) 円(b)
保障必要期間 年(c)
その他の必要支出 円(d)
その他収入(退職金等) 円(e)
貯蓄

円(f)





生命保険で備えるお金 円(g)

 

プロフィール

 

秋桜児

Author:秋桜児
初めて生命保険を契約してから○十年。
営業員に勧められるがままに保険契約してはいけないと分かってから、○年。
自分の二の舞になって欲しくないと願っている、妻子持ちの中年サラリーマン。
ブログ管理人・自己紹介

 

ご訪問に感謝

 
現在の閲覧者数:
 

By FC2ブログ

 
 

リンク

 
 

ライフネット生命

 
 

全国の天気

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。